fc2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

未分類

降参したらメールください


かつて、瞑想の指導を受けていた際、
指導してくださっていた先生のテキストをお借りして
その時間に行っていた内容の部分だけを書き写してもイイと
仰ったらしいのですが、

あまり、気にもせず、お借りしたままコンビニでコピーして
翌日にお返しして先生を驚かせてしまったことがあります(苦笑)

しかし、誤解しないでください。

こうした瞑想修業のようなことで
いくら先生のテキストを手に入れて知識を得ても
その階梯を経ずに、先生からの口伝を受けることなく
上のステージに上がっていける天才は、ほとんどいません!

私も別に瞑想の天才ではありませんから
そんなテキストに書かれた内容を見ても何の意味もないことは
分かっていますし、その時の状態は、文章を読むことにほとんど
興味がない状態でした。
(って言うか普段から、あまり読まないですけど、苦笑)

瞑想修行は、体験・経験することでしか進むことができないものですから
テキストを読んで、先を知ってしまい要らぬ先入観ができることは、
害にしかならないのです。

私は、前回のメルマガでは、○とかXXとか
ほとんど、意味の分からないことを書いてしまいましたけど

あまりのかけ離れた次元の内容は
ちゃんとそれに関する事柄に出会った際に
体験したり先生からの口伝を受けて
その法脈に入る機会を得るべきなのです。

その師の口伝をとおして
その師が、代々受け継い来られた脈を
あなた自身も受け継ぐべきで

ほとんどの習い事や修業がそうであるように
療術や整体もまた、本来はそうあるべきなんです。

いままで
たま~にですが、教材をご購入いただいた方限定で
特典として講座を開催したことが何度かありましたけど

実は、そこには、そんな意味があったのです。

確かに高橋迪雄師や高橋金作師から
直系の正体術は、現代ではすでに廃れていて
たとえ現存していたとしても
たぶん、現在の当会の体操設計を超えるレベルではないでしょう。

ならば、なおさら、口伝によって法脈に入れておかなくては・・・
と言う思いもあって、「神崎正体術B操法」「F操法」については
たとえ教材購入者であっても
同じ場所で口伝でもって何かを伝えておかなくては
根なし草のままでは、気の毒で・・・

あなたの「体操」「手技」「温熱」は、
根なし草ですか?
法脈に入ってますか?
ちゃんと「魂」が入っていますか?

DVDだけでも
何度も見て何度も稽古すれば
きっと「魂」は入れられると思っています。

何しろ私も高橋迪雄師の直系の弟子ではありませんからね(笑)

「正体術マスター養成コース」は、最終的には
「救急30選」を手にされて
それを元にしてご自身でご自身の名まえをつけた正体術矯正法を
体操設計法をつくると言う

ずっとセミナーや教材を死ぬまで漁ると言った
依存症や猿まねではなく
マネされるような「創始者」を創生すると言う企画です。

しかしながら、
何か月たっても
何年たっても
「救急30選」の中のどれを元にしたらイイのか?
が、分からない方は

もう降参して私に「降参です!30選のどれか教えてください」と
メールしてきてください。

その時には、あっさりと「30選の中のこれですよ」と
お答えいたします。

これを聞くまでに頑張っていた方は
聞いたその瞬間に頭の中でスパークして
設計法ができるかもしれません!

でも、まったく、な~んにもやってなかった方は
すぐには何も起こらないですけど
そこから、また、クイズの答え捜しがはじまるわけです(笑)

どちらを選んでもイイです(爆)

私としては、自分で頑張れるだけ頑張った方が
成功体験としてのインパクトが大きいですから
さらに、次々と新たなものを生む脳に変化していくと思っています。

マルぱくりじゃない、体操設計や手技療法などの創始者が
ゆくゆくは、1000人くらい誕生したら
「先生の数だけ中医学がある」と言われる
本場、中国の中医学みたいで
でめっちゃ楽しいと思います。

もう、ノウハウコレクターや依存症はヤメにして
あなたも創始者になりませんか?


http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=vZmfql

未分類

療術の全体像

教材を分割して発送したり特典をメールしたりするのが
もともと、分割を想定していなかったためもあって
発送する現場は混乱してミスするわ

既存の決済システムから外れて操作するために
購入いただいた方をびっくりさせるメールを送ってしまったりと
けっこう大変なので

しばらく教材を分割して発送する「正体術マスター養成コース」などの
「コース」の募集をいったん中止しようかと思ったのですが、

あのマーケティングの世界の問題が
そのまんま、療術や治療の世界の持つ共通する大きな問題だと分かった今、

やっぱり、「正体術」と言う古典・ルーツを
根幹とした指導を定着していかないと

結局、ほとんどの人たちは、
整理することができないで
ずっと細切れのテクニックを
ず~っと漁っていくことで

混乱を生み
そのフラストレーションを解消するために
また、新しいテクニックを買う(学ぼうとする)

「治せるかもしれない」と言う期待だけで
脳の報酬体系が刺激されるからです。

しかし、
「療術の全体像が分からないが
ノウハウは増える」

「やりたいことが増える」

「混乱する(何からやればイイか分からない)」

「フラストレーションを感じる」、それを解消するために

「刺激を求める」ために

「また、新しいテクニックを学ぶ」
と言う永遠に抜けだせないサイクルにはまってしまう。

そこには、この業界の持つある「秘密」が存在していて

それは、「療術」の全体像を知る人がいない。
あるいは、それを教える人がいない。
必要性を説く人がいない。

テクニックを教え、売る方が
簡単だから・・・

そんな理由から、
「整体のルーツ」である「正体術」を
ちゃんと教える人や

基本的な療術3法「手技」「物療」「体操設計」の
全体像を指導できる方は
なかなかいらっしゃらない。

(「本当の整体」「ホンモノの整体」である
野口整体においても
単なる型の伝承だけでなく
その意味するところまでも指導される方は
意外に少ないと伝え聞いています)

テクニックを永遠に教え続け、
まるでアル中やギャンブル中毒の人に
酒を売り、パチンコに誘うようなことは

確かに簡単なことですけど
それじゃあ、買い手はけっして
しあわせにはならないし成長もしない。

そう気づいたら
やっぱり、ココで中断できなくなってしまいました。

9月下旬からスタートする「正体術マスター養成コース」の
募集を開始します。

今月9月下旬スタートです!(10月でも11月でもなく)

1月の限度額とお手持ちの教材の種類によっては
9月スタートのプランが立てられない場合もあります。

10月には「調息手技療法」を値上げいたしますし
その他の教材も少しずつ適正な価格にしていく方針です。

ちなみに、今回の9月下旬スタートのコースでは
なんと「手技編」の価格を値上げ前の価格でプランを設計いたします。

ずっと今までどおりのように「テクニック」だけを
一生、追い求めていくのか?

それとも全体像を早くつかんで
そえからテクニックを学んで行くのか?

よく冷静に考えてみても良い時期がだと思うのです。

「正体術マスター養成コース」

http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=vZmfql

代替療法

「風立ちぬ」はご覧になられましたか?

「風立ちぬ」はご覧になられましたか?
http://www.youtube.com/watch?v=a3PBiLDXawU
でヒロインが結核に罹っていて
それが観客の涙をさそいます。

昔からこうした同胞の別れに涙した歴史の上に
今の医薬の発展があります。

私は
現代医学がイイとか
代替自然療法がイイとか
西洋医学がイイとか
東洋医学がイイ
なんて言う気もさらさらなくて

代替療法の雄「快療法」を元にした
自然療法などを主に各個人を対象に伝えている
Mさんの講座に何回か参加させていただきまして

各個人が行う健康増進法として
私が知る中で最も効果の高い方法を
広めておられるように感じました。

じゃあ、これですべての人が救われるか?って
言うとそんなわけがないわけで

この世のほとんどの人は
Mさんがやっていることを知らないわけだし

自分自身でやることとか
家族にやってもらう方法だと
あーでもないこーでもないと言って
ほとんどの人はやろうとしないので

治療家や療術家の先生方が
施術をしてあげたりすることで
その方をより良い方向に導いて差し上げることは
それは有意義なことだと
あらためて実感したくらいです。

たとえば結核は、整体ではこういう体の人が罹る
こう言う体を人でなければ罹らないと分かっていて
それを整えることで改善されるにしても
そのことを知る人は限られていますし、
それを理解して信じて指導を受ける方は限られています。

そう思った時、
自身が今やっていることを卑下する必要もなければ
おごり高ぶる必要もないですし
他を反目する必要もないと思えてきます。

それは、医者もいれば坊主もいるし
葬儀屋もいるし
助産婦さんもいる
人の営みとは、そうしたものだと。。。。

助産婦さんと言えば

先日、「神崎正体術F操法」の報告をいただきました方から
こんなメールをいただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先般妊婦さんを観ていますと申し上げましたが、
8月20日に無事に元気な男の子を出産されました。
逆子でしたが、そのまま自然分娩でわずが10分という短時間でした。

F操法で身体を整えるとお腹の形も整い、
お母さん自身もすごく安らぎ先日彼女からは
「身体も心も楽で楽しい妊娠生活を送れました。」と連絡がありました。
因みに彼女は助産師で、
いい意味でのカルチャーショックを受けたとの事です。

未分類

あ~ぁ!それ言っちゃうんだ!

丹田に力が入るようにするって
よく武道では言いますけど
あれって意識とかじゃなくって
●●をクッとあげれば、自然とそうなるんです。

その体勢で押圧や触手を行うのが
手当系手技療法の物理的な意味での根幹になっていて

その姿勢でなら
たとえ、受け手に触れる部位が
手掌であっても
肘であっても
踵であっても
かまわないわけです。

と、前回の大阪療術道場で申し上げたところ
大東流の師範でもある道場生の方から

「あ~ぁ!それ言っちゃうんだ!
それって古武道の世界では秘伝なんですけど(苦笑)」
って言われちゃいました。

まあ、でも、実際に稽古して経験して
何度も繰り返し行ってはじめてものになることで

瞑想やヨーガのステージや
武道や武術の鍛錬と同じで
知識じゃないから体験して
それを繰り返すことで定着させて
再現できるようにしないと使えないわけでして

「知識としては記憶できていないけど
体がなぜか体が覚えていて自然と出てくる」
そんなことってありませんか?

たぶん、それって記憶されている
AとBをミックスしたものだったり
Cを分解したFとEのうちの
Fと別のDとをくみあわせたものだったり
そんなことをあなたの脳が自然におこなっているわけで

熟成され醸成されて2年くらい先にモノになるような
今すぐには要らん話もたまにあえて書いたり
レジュメにしたりしています。

今すぐに、その全てが分からなくてイイ
そんな知識もあって
でも、ある日、突然、ふと、分からなかったことが
ある経験をとおして腑に落ちる時が来るのです。

またまた、めっちゃイイメールをいただきました。

=================

こんにちは。

調息手技療法DVDの内容を患者さんにアレコレ試してみて、
なんで効くのかな??と面白がっておりますYM(仮名)と申します。

神崎先生、フォローアップメールありがとうございます!

なるほど~
「足首周辺の関連手技その1」のフォローメールの内容は
特に、「あ、、、そういう意味だったのね~!」と
妙に納得(?)してしまいました。

早速…と言いつつも、仕事前のメールチェックだったために
その場ではできませんでしたが、
今やっと、テキストに書き込むことができました。

神崎先生のメルマガもいつも拝見しておりますが、
初めて読んだときには疑問だらけだったことも、
時間が経ち(その間、たまに思い出して考えてみたり)、
施術経験が増えることで

「あ、神崎先生は これをおっしゃっていたのね」と
理解できることもあります。

完全習得には至らないまでも、少しずつ 自身の施術に取り入れて
自分の血肉になるよう、今後も努力致します。

神崎先生、本当にありがとうございました。

=====================

たぶん、私の意図していないことが
腑に落ちたようです。

実は、書いた本人自身が意識していない意図も
実はこの世には存在していて

それを他の方が気づくことだってあるわけです。

この「基幹の型の応用:足関節の修正を同時に行う」も
一応、これを補完するものを考えていただけたらイイなあ、
と言う仕掛けがあって(これは意図してます)

もちろん、このまま使ってもイイですし
さらに手法を増やしていってもOKなんです。

私は、技をあまり増やすとやることが多くなるから
この辺にしておきますけど
技は、本屋に行けばいくらでも売ってますからね(苦笑)

でも、技を活かすには体ができてないと・・・

「稽古会」をやっても
稽古よりも
「○●(症状)にはどんな手法を行ったらイイんですか?」
って言う質問にばかり熱心で・・・(苦笑)

そんなの専門の書店に行って
探せば見つかると思いますけど・・・
と言いつつ、誤植や誤りもけっこうありますネ

でも、稽古会では、ちゃんと稽古に集中しないと
技が活かせないから・・・

と言うことでお盆休みに稽古される方は
この機会にどうぞ

治療院の施術としてもサロン系の慰安としても使える
「調息手技・基幹の型&応用編」の今月のスペシャル特典は
「基幹の型の応用:足関節の修正を同時に行う」です。
→ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=Ez4bLM

未分類

「基幹の型の応用:足関節の修正を同時に行う」感謝のメール

「基幹の型の応用:足関節の修正を同時に行う」を
差し上げました方から感謝のメールをいただきました。

ーーーーーーーーーーーー

いつもお世話になりありがとうございます。

今回も貴重な資料をいただきまして感謝しております。

いつも思うんですが、色んな手技があるんだな、
私も勉強して発展していきたいなと、
そうなるには基本を身体に覚えさせないと、
と頑張る気持ちがわいてきます。

ありがとうございました。

―――――――――――――

頭で分かっていても
それが自分の体でできるかどうかは
別の次元の話ですからね

かつて視力回復合宿の講師のKちゃん先生は、
もともとは、「整体指導家」でしたが
「調息手技」を学んで3か月間は
全員に「基幹の型」を行ったそうです。

何もずっと練習する必要なんてないわけで
自然に身につくまでの間だけは
しっかりと稽古しないと技が活かされないですからね。

100回とか
40時間って
ある意味一つの目やすで

実際の講習だと
交代で稽古しますから
3人のペアだと
「施術する人」「施術を受ける人」「施術を見る人」と言う
3つの立場をとおして学ぶことができます。

じゃあ、受講していないあなたが
このお盆に「基幹の型」を稽古して腕をあげることなんてできないか?
と言うと
そんなこともないです。

ビデオを見ながら
相手がいると思って
同じように「エアー施術」を行います。

その稽古する姿を見た家族が笑ったなら、
受け手になってもらいましょう!!(マジです)

お盆の帰省される方や
親戚や友人に会われる方は
ぜひ、稽古台になってもらいましょう。

自身を持って
「オレの整体、マジでウマいから
何なら500円でちょっとやってやろうか?」
と言うとお金を少しでも支払っているので

上手いだとか
触り方がイヤだとか
けっこう正直に言ってくれます。

まあ、基幹の型は相手を眠らせたら
こっちの勝ちなので
ぶっちゃけ、「落して」やってください!(爆)

稽古する相手がいないとか
「できない」ことに焦点をあてずに
40時間、DVDを見ながら
「エアー基幹の型」を稽古して

たった1人の家族や友人でもイイから
毎日が無理なら
できるだけ多く回数をやらせてもらいましょう。

治療院の施術としてもサロン系の慰安としても使える
「調息手技・基幹の型&応用編」の今月のスペシャル特典は
「基幹の型の応用:足関節の修正を同時に行う」です。
お盆前は8月13日(火)が最終配送日です。
→ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=Ez4bLM
プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ