fc2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

未分類

あ~ぁ!それ言っちゃうんだ!

丹田に力が入るようにするって
よく武道では言いますけど
あれって意識とかじゃなくって
●●をクッとあげれば、自然とそうなるんです。

その体勢で押圧や触手を行うのが
手当系手技療法の物理的な意味での根幹になっていて

その姿勢でなら
たとえ、受け手に触れる部位が
手掌であっても
肘であっても
踵であっても
かまわないわけです。

と、前回の大阪療術道場で申し上げたところ
大東流の師範でもある道場生の方から

「あ~ぁ!それ言っちゃうんだ!
それって古武道の世界では秘伝なんですけど(苦笑)」
って言われちゃいました。

まあ、でも、実際に稽古して経験して
何度も繰り返し行ってはじめてものになることで

瞑想やヨーガのステージや
武道や武術の鍛錬と同じで
知識じゃないから体験して
それを繰り返すことで定着させて
再現できるようにしないと使えないわけでして

「知識としては記憶できていないけど
体がなぜか体が覚えていて自然と出てくる」
そんなことってありませんか?

たぶん、それって記憶されている
AとBをミックスしたものだったり
Cを分解したFとEのうちの
Fと別のDとをくみあわせたものだったり
そんなことをあなたの脳が自然におこなっているわけで

熟成され醸成されて2年くらい先にモノになるような
今すぐには要らん話もたまにあえて書いたり
レジュメにしたりしています。

今すぐに、その全てが分からなくてイイ
そんな知識もあって
でも、ある日、突然、ふと、分からなかったことが
ある経験をとおして腑に落ちる時が来るのです。

またまた、めっちゃイイメールをいただきました。

=================

こんにちは。

調息手技療法DVDの内容を患者さんにアレコレ試してみて、
なんで効くのかな??と面白がっておりますYM(仮名)と申します。

神崎先生、フォローアップメールありがとうございます!

なるほど~
「足首周辺の関連手技その1」のフォローメールの内容は
特に、「あ、、、そういう意味だったのね~!」と
妙に納得(?)してしまいました。

早速…と言いつつも、仕事前のメールチェックだったために
その場ではできませんでしたが、
今やっと、テキストに書き込むことができました。

神崎先生のメルマガもいつも拝見しておりますが、
初めて読んだときには疑問だらけだったことも、
時間が経ち(その間、たまに思い出して考えてみたり)、
施術経験が増えることで

「あ、神崎先生は これをおっしゃっていたのね」と
理解できることもあります。

完全習得には至らないまでも、少しずつ 自身の施術に取り入れて
自分の血肉になるよう、今後も努力致します。

神崎先生、本当にありがとうございました。

=====================

たぶん、私の意図していないことが
腑に落ちたようです。

実は、書いた本人自身が意識していない意図も
実はこの世には存在していて

それを他の方が気づくことだってあるわけです。

この「基幹の型の応用:足関節の修正を同時に行う」も
一応、これを補完するものを考えていただけたらイイなあ、
と言う仕掛けがあって(これは意図してます)

もちろん、このまま使ってもイイですし
さらに手法を増やしていってもOKなんです。

私は、技をあまり増やすとやることが多くなるから
この辺にしておきますけど
技は、本屋に行けばいくらでも売ってますからね(苦笑)

でも、技を活かすには体ができてないと・・・

「稽古会」をやっても
稽古よりも
「○●(症状)にはどんな手法を行ったらイイんですか?」
って言う質問にばかり熱心で・・・(苦笑)

そんなの専門の書店に行って
探せば見つかると思いますけど・・・
と言いつつ、誤植や誤りもけっこうありますネ

でも、稽古会では、ちゃんと稽古に集中しないと
技が活かせないから・・・

と言うことでお盆休みに稽古される方は
この機会にどうぞ

治療院の施術としてもサロン系の慰安としても使える
「調息手技・基幹の型&応用編」の今月のスペシャル特典は
「基幹の型の応用:足関節の修正を同時に行う」です。
→ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=Ez4bLM
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ