fc2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

未分類

「基幹の型の応用:足関節の修正を同時に行う」感謝のメール

「基幹の型の応用:足関節の修正を同時に行う」を
差し上げました方から感謝のメールをいただきました。

ーーーーーーーーーーーー

いつもお世話になりありがとうございます。

今回も貴重な資料をいただきまして感謝しております。

いつも思うんですが、色んな手技があるんだな、
私も勉強して発展していきたいなと、
そうなるには基本を身体に覚えさせないと、
と頑張る気持ちがわいてきます。

ありがとうございました。

―――――――――――――

頭で分かっていても
それが自分の体でできるかどうかは
別の次元の話ですからね

かつて視力回復合宿の講師のKちゃん先生は、
もともとは、「整体指導家」でしたが
「調息手技」を学んで3か月間は
全員に「基幹の型」を行ったそうです。

何もずっと練習する必要なんてないわけで
自然に身につくまでの間だけは
しっかりと稽古しないと技が活かされないですからね。

100回とか
40時間って
ある意味一つの目やすで

実際の講習だと
交代で稽古しますから
3人のペアだと
「施術する人」「施術を受ける人」「施術を見る人」と言う
3つの立場をとおして学ぶことができます。

じゃあ、受講していないあなたが
このお盆に「基幹の型」を稽古して腕をあげることなんてできないか?
と言うと
そんなこともないです。

ビデオを見ながら
相手がいると思って
同じように「エアー施術」を行います。

その稽古する姿を見た家族が笑ったなら、
受け手になってもらいましょう!!(マジです)

お盆の帰省される方や
親戚や友人に会われる方は
ぜひ、稽古台になってもらいましょう。

自身を持って
「オレの整体、マジでウマいから
何なら500円でちょっとやってやろうか?」
と言うとお金を少しでも支払っているので

上手いだとか
触り方がイヤだとか
けっこう正直に言ってくれます。

まあ、基幹の型は相手を眠らせたら
こっちの勝ちなので
ぶっちゃけ、「落して」やってください!(爆)

稽古する相手がいないとか
「できない」ことに焦点をあてずに
40時間、DVDを見ながら
「エアー基幹の型」を稽古して

たった1人の家族や友人でもイイから
毎日が無理なら
できるだけ多く回数をやらせてもらいましょう。

治療院の施術としてもサロン系の慰安としても使える
「調息手技・基幹の型&応用編」の今月のスペシャル特典は
「基幹の型の応用:足関節の修正を同時に行う」です。
お盆前は8月13日(火)が最終配送日です。
→ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=Ez4bLM
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ