fc2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

教材

呼吸も相手に負担をかけないで誘導

おはようございます神崎です。

メールでご質問をいただきましたので
あなたと共有したいと思います。

―――――――――――――――――――――

F(地名)で整体院を経営しておりますが、
来院されるお客様の大半がぎっくり腰が多く、
状態に応じた施術をしておりますが、効果が一定しません。

また高齢の方が多いので、
ゆらし系ソフトな手技は恐怖感を与えない技術だと思い、
正体術のDVDを見て勉強したいと考えております。

主にぎっくり腰に対しての対応ができるようになりたいのですが、
その際、どの教材を見て勉強したらよいでしょうか。
アドバイスをいただけたら幸いです。

――――――――――――――――――――――
「お客様の大半がぎっくり腰」
「高齢の方が多い」
と言う状況とのことで

非常に明確なご質問をいただけまして
たいへんうれしいです。

強烈な(?笑)「体操」を使って一撃で、
と言う手もないでもないのですが、

ご高齢と言うことですので
手技を使ってのアプローチで・・・

「ギックリ腰」で使われる手法は、
相手の痛みの程度によっては
仰臥位さえできないことも多く

立位や座位、横臥位での施術から
はじめるしかない場合が多々あります。

そんな時の手法は

ゆらし系の手技療法
調息手技療法の応用編
応用Ⅰ(下半身)の

8、下部腰椎前方位の修正法
14、大腿牽引振張法
2、原位足首回し

です。

特に、8番の手法は、深く呼吸を誘導することで
痛みによって緊張した
交感神経優位から脱することや

腹直筋の緊張をゆるめる方向にも作用するため
クライアントに無理のない早さや深さで
誘導してあげると良いでしょう。

この8の手法、
手技に見えて
実は、体操でもあります。

仰臥位の姿勢がとれるようになれば
ねじれを修正する手法にアプローチしていけばよいでしょう。

調息手技・基幹の型&応用編
http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=Ez4bLM
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ