fc2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

教材

新教材「温熱プロ」誕生!

こんばんは、今、ある物療を訪ねてある国に来てます神崎です。

物療と言えば、先月、リニューアルしました「温熱プロ」の特典
「アイディアセミナー」の動画を

先日、ご購入いただきました方々にお届けしたところ

こんなメールをいただきました。

==================

神崎様

「アイディアセミナー」の動画ありがとうございます。

「もう一つの物療」のDVDですが、
あんなに細かくやっていただいて助かります。

(中略)

1つ質問なのですが、
アイロン温法は送っていただいた温熱器でやってもよろしいのでしょうか?

===================

と言う内容だったのですが、

この「アイロン温法」を三井式温熱器を使って行ってもよいか?

と言うご質問は、いままでに

ガン患者さんをはじめ

一般向け方向けのセミナー「民主手技」でも

そして無料の特典についてのご質問まで・・・

私には、その理由が分からなかったのですが、

たぶん、何か共通した心理がそこには働いていそうですね。

もしかすると、「アイロン」よりも「三井式温熱器」の方が、高価だし、

「アイロン」は単なる家電で、「三井式」は医療用具だから

「アイロン」は「三井式」の単なる代用品で

「三井式」があるのならば、「アイロン」など使う必要はない!

三井式>アイロン

と言う関係を頭のどこかに作られているのでしたら

それは、誤解です。

長い説明は省略しますが、

まずは、教わったとおりを行ってみることです。

アイロン温法を三井式でしか行ったことがないと

本当のアイロンでの良さを知らないままになってしまいます。

現実には、時と場合によっては、
アイロン温法を三井式で行う必要もあると思いますけど

それは、それでいいのですけど

たった、4、5千円を節約してアイロンを買わないで三井式だけで行うのは

あの教材の本当の良さを知らないままになってしまいます。

クライアントの状態を含め、様々な状況によって

温度や器具や施術法を使い分けると言うことが大切です。

最初から、アイロンの使用を否定することのないようにされた方が

自由な発想を生むことでしょう。

PS:お金がないからと「アイロン療法」だけで温熱療法が分かったような気になるのも

また思考停止によるもので

別に当会の「温熱プロ」を買うとか買わないとかの問題ではなく

アイロン療法の生みの親である「快療法」には、
アイロン療法以外にも多くの物療が存在しています。

アイロン療法は、その1つに過ぎないわけで
「アイロン療法」は「貧者のための物療」ではけっしてないと私は思っています。

この教材「温熱プロ」は、ホントに温熱をはじめ、物療を修得するには非常に良い教材です。
マジで私が受けたい施術ばかりです。

連休明けからの治療院の新メニューとしてオススメします。

http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=iQSbih
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ