fc2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

代替療法

日本がバブルに踊っていた頃

こんばんは、日本がバブルに踊っていた頃安い病院の賃金にもかかわらず、
まるで天使のように可愛いかった子供たちとの至福の時を生きていた神崎です(笑)

昨日のメルマガで昔の私の給与を知って
昔の薬剤師は恵まれない職業だったんだ~
と、同情された方もいらしゃるかもしれませんけど、

実のところ、他の人の給与に関心がなかったために
日本がバブルに踊っていたことさえ知らずに生きていました~(爆)

幼いわが子と過ごす毎日があまりに幸せだったために
給与について考えたこともなければ、
それに対して苦しみや抵抗感は、まったく感じていませんでした。

夏場、家内が、実家で過ごす時間が長い理由を聞くまでは・・・

「家で過ごすと冷房費がかってしまい、
毎月の赤字で貯金が次第になくなっていって・・・」


と、聞くまでは(爆)

「え~!そうなん?」

と、はじめて我が家の台所事情を知り、

「じゃあ、どこかもっと高い給与の仕事に変わらなくちゃ」

と、転職を考えました。

もう、20数年も前のことです。

たぶん、代替療法や自然療法の方々は、
病院や薬といった現代医学を否定することに積極的ですけど

私は、現代医学や医療システムが大きな欠陥があるにしても
概ね、医師も看護師も薬剤師も、よく働いていました。

その姿を実際に見てきましたし、私もその一人でした。

薬局勤務時代に骨髄のドナーとして骨髄提供をするために
有給休暇を1週間使って入院したこともあります。

骨髄は造血していない、
腸が造血していると言う仮説を信じている自然療法家から
何だか分けの分からないメールをもらったことがありますけど

実際に骨髄提供を受けた方は、とりあえず、その時は死なずにすみました。

3年生存率は有効であっても
5年生存率が激減だとか、そんなたわごとなど私には無意味で

幼いわが子と暮らした至福の時間がたった3年間であっても
たとえ5年に満たなくても
きっと、私は幸せを感じて人生を終えることができたと思うと

3年だとか
5年の生存率にどれほどの意味があるのか
その自然療法家の生きている意味を聞きたいくらいでした。

1年あれば、乳を吸うだけの子供が、
這い、
立って、
歩み、
笑う姿が見れるだけで
価値ある時間を過ごすことができるのに・・・

出産をきっかけにガンを発症された若い母親が
幼いわが子とご主人を連れられて私の温熱療法を受けに来られてことがありました。

きっと、あの母親ならきっと3年でも5年でも
とにかく、できるだけ長く生きていたいと答えたと思う。

私は、こうした現代医学と自然療法の反目しあうようなことに出会う度に
この母親を思い出すのです。
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ