fc2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

手技

あなたにとって手技は主義

ゆらし系のソフト手技「調息手技療法」のセミナーをはじめて開催したのは、
もう4年くらい前のことになります。

「家庭ソフト手技療法」として3日間の講座に
一般の方の参加者は少なく、ほとんどがプロの治療家と言う講座になってしまいましたが、

なんと、当時は、操体法も指導内容に入れていました。

その後、東京で月1回開催しました一般向けの連続講座「民主手技」でも
操体法をお伝えしましたが、

私の操体法は、少し変わっています。

いままでに操体法を学んだことのある方も
私の操体法の指導の仕方は特別なものらしくて

「こんな細かなことまで指導する操体法の講座を受けたことがない」
と言う感想をいただきましたが、
その後、講座の内容から操体法を除きました。

理由はいくつかありますが、
操体法は、それを十分に活かすレベルになるまでになるのに
期間がかかり過ぎる上に

自動運動故に受け手の運動能力に効果が左右されるためが大きな理由でしたが、

これは、物事の1面しか見てないときっと賢明なあなたは思うことでしょう。

自動運動であると言うことは、
筋肉の緊張と弛緩を使って
受け手の体のゆがみを根本的に変化させることができる!

確かにそのとおりなんですけどね・・・(苦笑)

じゃあ、今、治療界、療術の世界で操体法の効果についての一般的な評価はどうか?

費用や時間を費やして
主に高齢者が相手の治療院の臨床で役立つレベルまでになろうとされる方が
はたしてどれくらい、いらっしゃるのか?

また、私から操体法を学びたい方の希望をメルマガ等で読者にお尋ねした反応から
削除したわけです(苦笑)

受け手の運動能力を含めて受けての状態、
術者の上手下手、特性、嗜好、人生観に手技療法は左右されています。

どの手技を選択するか?は受け手の状態よりも
実は、術者・治療家の趣味・嗜好・人生観・体癖で決まっていませんか?

そして、その治療家の趣味・嗜好・人生観に合った手技にマッチした患者が来ますよね?

私自身は、できるだけ安全で効果的な手法を
簡単に短時間で修得できるようにすると言う観点から、
その順番まで考えてお伝えしています。

前回の東京の手技道場では、
受講者から
「手技は●●の方が効果ある!(キッパリ言い切りっ!)」
とか
「手技は、手技編で十分!」と言った意見もあったのですが、

きっと、すべて正解だと私は思っています。

ただ、
「その人が施術者としてなら正解だ」と言う範疇の限定付きでの話ですけど。
だって、好きになる理由はどうせ後から付けるだけなのですから(爆)

私なんて、ずっと以前から「手技なんて何でもイイ」と言ってるくらいなのに・・・(苦笑)

そんな意味で
前回、力によらない押圧系&運度をミックスした手技をお見せして
体験もしていただいたのですが、
あの手法の持つ意味、分かってもらえたかな~(笑)

高度な手技の手法の中には、
深遠で根源的な意味が隠れていて
それを見つけて手技や体操に応用することができるので
そうした視点を持ってもらうことと理論の深堀ができたら
これはもう、一派の創始者になれるんじゃないか?

そう思っているのですけど・・・

って、ココまで狙ってる私の講座って、ちょっとスゴイでしょう?(笑)
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ