fc2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

セミナー後記

第2期東京療術道場を終えて

昨日(6月10日)は、全12回の連続講座
第2期の東京「療術道場」の最終日でした。

今までの最終日は、認定試験と
12回の連続講座を開催している間に、
私自身が新たに気づいたことや見つけた内容の中、
ぜひ、伝えておきたいと思ったことをお伝えすると言う
「特別講座」だったのですですが、

今回の東京第2期は、受講生の方々が優秀なのか
私の指導する要領が良くなったのか進度が早かったので
前回、すでに認定試験を終えていましたので
「特別講座」だけを行なったのですが、

その内容は、
1、ある物理療法
2、すでに幻となったある手技療法の「ぎっくり腰」の型
3、調息手技アドバンスの股関節の手法20種類
でした。

20種類の股関節の手法は、実際にペアになって
実習にていただきましたが、
その時間たるやたったの1時間半!(笑)

しかし、参加者の皆さんは、
すでに道場を卒業された方と卒業を迎えた道場生と言うことで
「下地が出来ていますから」
と仰っていたくらいでしたから
この短時間での講習も可能なわけなのです。

お互いにペアになって股関節の修正法を
20種類も練習しあい
ゆるゆるの股関節になっていただきました〜(笑)


アドバンスの手法の効果は、どれも高く
その分、繊細な勘どころが必要になってきますが、
観察や考え方の基本は、と言うと

「正体術倶楽部・手技編」の
重心による体のゆがみのパターンに応じた
下肢の操作による修正法。

それに加えて
坂本恒夫先生の「バランスクリニック(バランス療法)」の
手法の考え方をゆらし系のやり方で
揺すったり、回したりするわけです(乱暴な表現ですけど・苦笑)。

「手技編」の技はどれも無骨で単純な物ばかりで
全然、エレガントでない物ばかりですが、
それ故に、あの内容は、ゆがみと手法を整理する上で
基本にすると良い内容なのです。

あの内容は、日本の療術を行うにあたって
その手法を整理する上で
左右重心を使うと非常に整理しやすいのですが、

体操だとちょっととっつきにくいところがあるのですが、
シンプルな手技療法だと
それを実践しながら理論としても身につけられるのではないか?
と思って連続講座の最初の方に位置づけているわけです。

「最終回はいかかがでしたか?」
と私がお尋ねすると
「楽しかったです!」
との声が多かったです。

講習でも行くのが楽しくない講習がけっこうある中、
「療術道場」は楽しかったと仰っていただけて
光栄でした。

前回の第1期の東京療術道場の卒業生の方で
ご参加いただきました方からも

「やっぱり楽しかったです。
他で学ぼうとすると20万円くらいかかってしまう内容を
こんな短時間のオマケの講座でやってしまうんだから〜(笑)
そして、股関節の悪い人はかなり多いですから
これだけ効果の高い20種類の手法はどれだけ役立つことか」

と言う声が聞けて私自身も嬉しかったです。

これから、第3期東京療術道場で
調息手技アドバンスをはじめ様々な手技療法を道場生の皆さんに指導していきながら
今までの手法よりも繊細な勘どころを必要とする手法をどうやったら教材としてお伝えしていけるか?

どの程度の教材をご購入いただいた方なら理解できるのか?
あるいは、講座に参加された方だけにしなければ、到底修得できる代物ではないのか?
手法の特性や受講生の方々の反応などを見ながら
これから検討すべき課題となりそうです。

今回も受講生の方々に
モデルを相手に手法の説明をご覧になられた感じ、
私の手技を受けた感じ、
そして実際にご自分で実践した際のギャップについて伺ってみたりしてました。

しかし、本当は、その「型」が行おうとしている目的をちゃんと考えて、
「この手法は、この目的だから、この動きを行なっていて
これは、あの技と同じ意味があって
ゆらし系だから、この場合では、このようにやっている。」
とちゃんと理解する週間を持つように心がけることが、

難しいけども肝腎なことですし、
私もそれを望んでいます。

そうした考える基礎づくりのために
日本の療術のルーツでもある
「高橋正体術処方解説」を
教材や講座でも非常に長い時間をかけて行なっているわけなのです。
スポンサーサイト



Comment
Trackback

まとめtyaiました【第2期東京療術道場を終えて】

昨日(6月10日)は、全12回の連続講座第2期の東京「療術道場」の最終日でした。今までの最終日は、認定試験と12回の連続講座を開催している間に、私自身が新たに気づいたこ...
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ