FC2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

セミナー後記

合掌行氣を教えてください

前回の東京療術道場である受講生の方から
「合掌行氣を教えてください」と頼まれました。

聞けば、
カイロプラクティックのようなアカデミックなものは、
整理されて分かりやすく
自身の根幹にするのにふさわしいと思いながらも

全人的な捉え方をする野口整体にも非常に惹かれ、

実は、私の存在を知ったきっかけも
整体指導家S先生のブログで知ってとのこと

それにしても
野口整体に興味がありながら
なぜか、正体術を主に指導する私のもとに
いらしたあたりが、非常に興味深い方です。

そう言うことでしたらと
講座の終了後、私と2人だけで
合掌行氣を実際に行なってみました。

合掌行氣法は、
邪気呼出法、自動運動、正氣吸入法、脊椎行氣法、愉氣法、気合術と言った
関連する行法を同時に野口整体の一部として修練すべきだったのでしょうが、
そんな時間があるわけでもなかったので
簡単に合掌行氣法だけを体験していただきました。

私の思っている「整体」自体、正統な「整体」とは異なるかもしれません。
と言うより、指導者によって様々に解釈されていると私は思っていますので、

愉氣に対する考え方は様々であることを伝え
私の思う、(感じた)愉氣についての概念をお伝えしました。

私は、サンフランシスコでの某セミナーの際、
「もしかして、これが愉氣?」と直感しました。

たぶん、それに異論のある指導者は、多いと思いのですが、
別にそんなこととは関係なく(笑)
勝手にその時からずっと、そう思っています。

ちなみに、押圧療法・触手療法・経絡療法だけで
高い効果を出すには長い修練の期間がかかることから
私の指導内容からは除いています。

しかし、実は「調息手技療法・基幹の型」では
知らないうちにこの愉氣が
発動するような仕掛けになっているのです。

それ故、故岡島瑞徳先生の「調息整体」の名を無断で拝借(パクり)し、
「調息手技療法」としました。

ココであらためて、教材(テキスト)を
読みなおしていただいて
そこに書かれたことを完璧にできなくてもかまいませんから
できなくても意識して身近な方に行なってみてください。

受け手となられた方に
今までと比較しての感想を伺ってみてください。

「調息手技療法・基幹の型」「基幹の型&応用編セット」

→ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=Ez4bLM

「カイロと野口整体を統合なんてできるもんか~!」

そんな声がどこからか聞こえてきそうなのですが
別にそんな声に耳を貸すことなく
若いこの治療家が成長していくのを
私は楽しみにしています。
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ