fc2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

セミナー問い合わせ

2月のメルマガ読者プレゼント

2月のメルマガ読者プレゼント「肋骨下端の痛みを三の圧でとる」を作成中

1月は、お年玉だけでなく、12月末のクリスマスプレゼントまで
ダラダラと1月下旬までダウンロード先のURLの案内を出していましたが、

2月からは、ダウンロードできる日程を限定いたしますので
見逃した方は後で
「出張していて・・・海外に旅行していて・・・ダウンロードし忘れました」とか

「PCが壊れてました」とか言い訳けのメールを送ってこないでくださいね

ウソだとバレバレですから(笑い)

あと、携帯の方は、フリーメール(Yahoo!メールとHotmailが届きにくいのでGmailがオススメ)

で登録されてお知り合いか、仕事場か、ネットカフェでダウンロードしてください。



療術道場生と道場卒業生の方々にだけ

このようなレジュメを私の勝手な私見で解説したメールを送っています。

実は、昨日は、道場生と卒業生に送ったメールは、

最近、読者の皆さん、教材購入者の皆さん、セミナー受講者の皆さんにプレゼントしました

レジュメの内容と
すでに創始者がお亡くなりになられて幻となったある手技療法の手法と
今までにメルマガやブログなどで書いてきた基本的な内容に関連づけて

型となってしまった手法
作法となってしまったセオリーを
解説しながら

こんどは、それをどうやって
名人芸を排して現実的に行っていくかを
「図解・手を添えるだけで、骨のゆがみがなおる!」
(吉田邦夫先生著)
の「BRM療法」を例にあげて書きました。

かつては、「BRM療法」のような力によらない
手技療法が昭和50年代までけっこう日本国内には
残っていたのですが
次第に西洋の手技療法にとって代わられていったようです。

その頃の型や作法から
見えてくる傾向を他の手技療法や正体術のセオリーを元に
解説しました。

だいたい、療術道場では初日から
こんな感じで行おうとする目的をまずできるだけ明確にしてから
実践的な手法に入っていきます。

お問い合わせがありました「療術道場」について
→ http://www.seitaijutsu.net/index.php?DOJYOSEIBOSYU
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ