fc2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

足首

正体術で花粉症を救え!

正体術で花粉症を救え!

今年は、昨年の10倍の花粉が飛んでいるそうですね。
花粉症の方にはとんだ話です。(一応、ココで一つ入れときますね・笑)

同じ10倍の花粉が飛んでいる環境下にいても
人によってその影響が様々です。

たまにくしゃみが出る程度の人もいれば
涙や鼻水くしゃみが止まらないくらいひどい症状の方もいます。

東洋医学や療術では
こうした程度の差をその人の持つ体質を原因としてみます。

大正時代に日本で高橋金作師・迪雄師の親子によって作られました正体術では
左右どちらに重心(軸足のことではありません)があるかによって
そのかかりやすい疾患があると言う傾向が発見されました。

その左右重心のうち左重心の方には
花粉症などのアレルギー疾患にかかりやすい傾向が
ありそうだと言うことが療術では言われています。
(ただし、流派によって真逆の説もあります)

左重心の人は、左の骨盤が開き左の肩が下がっていて
左の足が太いのです。

骨盤の開きと肩の下がりを矯正するためには
本当にそんな体になっているのか?
逆になっていないか?
左右だけではない「ねじれ」のあるタイプかもしれませんし・・・むずかし~い!(涙)

ここで思い出していただきたい。

そうです!

あの足首の矯正法です。

左の足首が反らしにくくないですか?
脛骨とヒ骨の間が開いていないでしょうか?
左右の内くるぶしと外くるぶしの頂点を結ぶ周囲を
メジャーで測ってみてください。

なんと、あの寂動正体の先生も
花粉症の人は皆、
左のスネの2つの骨の間が開いている。と
書かれています。

正体術の足首矯正
(ただし、結果に責任は持ちませんので自己責任でお願いします)


スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ