足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正体術の基本

これが、正体術です!(正體術倶楽部基礎編テキストより)

私の主催している正體術倶楽部(一般、プロの参加不問です)の基礎編のテキストより

正体術
この正体術は、矯正法を行った後、すぐに行っても良いですし、何日か矯正法だけを続けて、動診に大きな歪みが検出されなくなってから行っても良いでしょう.
正体術とは、大正から昭和の初期に正体術普及協会をとおして活躍された故高橋迪雄先生が創始された健康法ですが、身体に大きな歪みがある人は行い辛い欠点があり、その前段階にあたる高橋先生の矯正法の効果に一般の関心は集中しました。
正体術の準備
<男性版>
1、楽々と仰向けに寝て、全身の力を抜いてリラックスします
2、足をそろえたままだんだんに膝を折って、引き寄せていき
3、腿がまっすぐに立って足の平が畳についたら、さらにカカトをお尻にできるだけ近づけます。
4、できるだけゆっくり膝を曲げて、お尻を上げるようにしてひけるだけ腿を胸にひきつけるように曲げます
5、ここで一息ついて
6、静かに膝を下ろしていって、もう少しで足のひらが畳につくというところで、急にカカトに力を入れて畳をすりながら勢いよく踏み伸ばします。
<女性版>
1~5までは、男性版と同じ
6、男性版とちがい、踏み伸ばさずに、ゆっくり伸ばせばよいのです。
この時に腰に力を入れて、しだいに伸ばしてゆきます。その時もカカトで畳をすりながら行います。
正体術
1、 正体術の準備の最後の足を伸ばしたところで、アゴを引き、両側の肩甲骨が後でくっつくようにして、手は十分に伸ばし、手のひらは上に向けて、指はいっぱいに開きます。
2、 足は膝を曲げずに、足の指をいっぱいに開いて十分に反らし、腿に力を入れ足首を甲側にひけるだけひき、お尻にも力が入るようにします。
3、 こうすることで全身の筋肉に力をいれます。体全体が、棒のようになりますが、理想的には、息を殺さず、息だけは普通にして、腹は柔らかいままに保つ。(最初は、腹を柔らかくできませんし息も止めてもよいでしょう)
4、 2、3秒こうしたままで、ピクリとも動かさないでおいて
5、 急に全身の力を一気に抜いてゆるめる。
6、 その後、3~4呼吸くらいの間、普通の呼吸に戻るまで静かにしておく。
ポイント:正体術の完成したポーズでは、腕も脚も床から浮いた状態になります。
<正体術も、寝る前に1度行えば良いのです。>
準備に男性版と女性版があるのは時代的な背景のためです。
男性は、思いっきり足を踏み伸ばすのでハシタナイので
ご婦人は、もっとオシトヤカにゆっくりと足を伸ばしていくのです。
高橋金作先生(迪雄先生の父上)の時代にできた
今から数十年~百年位前のことですからね
体格はもちろん習慣や価値観など今とは全く違っていたからなのです。
この正体術が、最も優しいものです。
顎を引いたままですから
首の弱い方でも行えます。
この正体術では大きな回旋や左右側屈といった歪みの矯正はあまりできません。
大きな歪みがあるとこの正体術その物が行えないので
それで矯正法が必要になったのです。
このコミュの最初にも申しあげましたとおり
一般的な療術のセオリーとしては
1、回旋
2、左右側屈
3、前後
の矯正をしていくと歪みがとりやすいのです。
が、しかし、
「前後」矯正にとってある程度は(幾分かは)回旋と左右側屈もとれるのです。
それ故、正体術による前後矯正によって日々作られる軽い歪みを取り
全身に力を思いっきり入れることでその後にくるリラックス、筋肉の弛緩を誘導したのでしょう。
研究者などが、経絡や気血の流れを良くするという効果も実は、こうした筋骨格の修正がその根底にあることが背景にあるのです。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。