FC2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

正体術の基本

割り箸のゴム鉄砲

こんばんは、正体術倶楽部の神崎です。

あなたは、子どもの頃、割り箸をナイフで切って
鉄砲の形に輪ゴムで組立て
輪ゴムを飛ばすゴム鉄砲を作ったことがありますか?

私が小さい頃は、まだ日本は貧しい国でしたから
子どもの遊びって、だいたい川や野っぱら、海や山といった自然の中か
倉庫や車庫、資材置き場で
危険なことばかりして大人に見つかっては叱られてました。

手作りの遊びや絵やマンガを書いたり
土でできた玉を黒光するまえ磨いたり
死んだヘビを棒につけて
商店街の若いお姉さんのいる店に見せにいって
翌日、幼稚園で先生にこっぴどく叱られた記憶があります(笑)

さて、本題に入りますけど(遅っそ!)

え〜・・・なんでしたっけ?(爆)

そうそう、思い出しました。

「これって、どんな時に使うんですか?」と
たまに手技のテクニックを紹介した際に質問を受けるのですが
その質問の趣旨が、よくわからなったのですが
やっと、その答えが見つかりました。

その質問が、テクニックを説明した際に
すべての紹介ごとに出てこないので
たぶん、はじめて知った時、
関連するテクニックを見た経験がなかった時に
出ているようみたいに感じます。

と、言うことは
落ち着いてそのテクニックについて考えると
答えは自身で出せると言うことです。

そのテクニックがどこをどうしているか?と言う作用が
分かれば、それで良いわけで
あとは、クライアントに実際に対した際に
その体がどうなっているか?が分かれば
そんな刺激、そんな作用がその体に必要か?が分かります。

ご自身の記憶の中から
その作用、刺激を与えることのできる手法を
思い出して行う。

この順番でいけばイイですね。

これをどんな時に使うか?と言うことで固定して記憶してしまうと
単純な記憶による想起しかできませんから
応用が効きません。

最初は、単純に作用する部位と刺激する部位が同一ですけど
次第にシーソー関係みたいな
関連する部位があることを知ってくると
単純な一方通行の記憶だけだと役に立ちませんよね?

それから、最初は、単純に「重症の人のための高度な手法です」
なんて先人が言っていた、テクニックが

「人の体は同じ刺激に対して次第に慣れてきます。
やる前に体が、あの刺激な来るぞと分かっているので
効きが悪くなる」みたいなことが腑に落ちると

他の治療院などで一般的な刺激をたくさん受けた部位は
他の治療院では受けたことがないような
複雑な方向性を組み合わせた高度なテクニックでないと効かない
効きにくいと言うように考えられるわけです。

そんな技を「調息手技アドバンス」では紹介していますけど
M塾の故M先生はけっこう他流派のテクニックを少しやり方を変えて
他の目的で使用されたりしています。

そのあたり、見事です!

「お箸は、日本食を食べるためのもの」
と答えを限定してしまうと
洋食や中華もだべられないし

割り箸で輪ゴムの鉄砲も作れないし
先っちょに小さな布を輪ゴムで固定して
細かなところの掃除をする道具にすることもできません。

それができる仕事や形状などと言った性質をおさえておくだけで
あとはまるで単語を使って自由に文章を書いたり
話しができるように

子どもが昔話を何度も聞いて
少しずつストーリー仕立てで
人間性とみたいなものを形成していくように
治療や療術にあたるための
診方や考え方を身に付けていってほしいなと
思っています。

それは、漢方家たちが
大塚敬節先生の処方解説を
読んでいくように

そして、鍼灸治療家が
澤田健先生の処方解説を何度も何度も読んで
ストーリー仕立てで身に付けていくようにです。

それは、地味ではあっても
どの治療分野でもやっていることで
整体なら、野口晴哉先生の著書を何度も
お読みになられると思うのです。

私は、それを整体のルーツである
高橋迪雄の正体術にしたわけです。
スポンサーサイト
プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ