fc2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

教材

「調息手技・アドバンス」の撮影を終えて

今、東京で月1回行っています「手技道場」では
正体術、手技、物法の3手法を修得された方に
手技だけをお伝えしているのですが、

その内容は、
まずはじめに
今回、撮影を終えました「調息手技・アドバンス」の内容なのですが、

私の手技を受けた感じと
ペアになった相手の手技との違いを

お互いがフィードバックしてあげているのですが、

なかなか見た目は一見シンプルに見える手法なのですが、
シンプルである手法ほど
受けた感じの違いが大きく

どこに違いがあるのかを
お互いにチェックしては行って
また、私が施術してその差を確認していってます。

そんな中、普段、施術する機会に恵まれていない環境にいる
KBさんがメキメキと腕を上げてきたと
ベテランの治療家のA先生をはじめ
私もその成長ぶりに驚いているわけなのですが、

KBさんは、今までの講座もそうだったのですが、
自身がうまくできていないと言うこと実感された後、

その手法のDVDを何回も復習されて
自身のやり方との違いをチェックされていましたから

講座の時にできていなくても
できていないことを実感して
それを修正することのできる
分析力や素直さがうまく機能したみたいです。

彼の成長ぶりから
かつては、
「どうせこんな難しい手法を紹介しても誰もできやしないだろう」と思って
教材に採用することをためらっていた手法も
とりあえず、教材に入れました!

その手法がちゃんとできたら
めちゃめちゃ効く、恐ろしい内容です!

「つかみ」や「皮膚のとり方」や「圧定の強さ」など
「機・度・間」が求めらる手法が多いです!

もう、単なる「ゆらし系」の教材だと思わない方がイイです。

実際にセミナーで基幹の型や応用編を学ぶことで
体移動や楽な姿勢で施術を行うことで
手にムダな「力み」を持たないようにする。

最初は大きな体移動や大きな牽引で
練習していき、次第にその部位や
その方の体に合わせて必要な程度に
次第にしていく練習をしていけば

もう、体ができていますから
ドンドン使ってみて
その効果の高さを実感していかれながら
次第にその数を増やしていってほしいです。

たぶん、11月中旬には編集を終えて
予約をすでにいただいている方に
まずは特別価格でご案内して

その後に
条件を満たされる方々に
ご案内をさせていただく予定です。

で、年内に手にしていただき
年末年始にご親戚やご友人を相手に

まずは、気に入った、あるいは気になる手法を
練習していただいて
自信をつけていただいてから

お正月が明けて
新年から、その手法を使って
患者さんを驚かせてください!

「え~!何~?コレ~?!先生すご~い!」

あなたにも、その声が聞こえてくるはずです。

「調息手技療法・アドバンス」の特別価格での案内がほしい方は
下記の3教材をご購入の上、私(神崎)までメールをくださいさせ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「1分間整体」
http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=JzQEfH

「正体術倶楽部・手技編」
http://www.seitaijutsu.net/index.php?go=FEGBYF

「調息手技療法・基幹の型&応用編
http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=Ez4bLM
プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ