FC2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

感想

「温熱倶楽部」をはじめ教材を大人買いくださいました方から

久々に三井式温熱器を使った温熱療法のDVD教材
「温熱倶楽部」をはじめ一気に教材をご購入いただきました方から
いただきましたご感想を紹介させていただきます。


神崎先生

お世話になっております。
O(仮名)です。

温熱の教材の感想をお送りしていなかったので、そちらもと思い、メールをさせ
ていただきました。

予想通り、奥さんがこれにはまりました。

温熱器を使うと、奥さんの体の見た目がかなり変わります。
正体術とあわせて使っているのですが、
バストアップ、ヒップアップ、ウエストのくびれ作りにかなり効果があるように
思います。

奥さんの場合は、特にヒップアップが顕著です。お尻に温熱器をあてていると、
ぷっくりとヒップアップしてくるのが分かります。
びっくりしました。


あと、正体術なのですが、知り合いの77歳の方に試したところ、すごく驚かれま
した。

動診→体操→動診をやったところ、2回目の動診でかなりの改善を感じられたら
しく、びっくりされてました。

その方は、素人の私がみても分かるほど、左の骨盤(腸骨というのでしょうか?)
が左側にはみ出していて、たぶん、腰の骨がずれているんだろうなぁと素人考えに思って
いたのですが、それも目立たないくらいになりました。

本気で感謝していただいたみたいで、ちょっとくすぐったいような気分です。
手品をみせているみたいで面白いですね。

素人でも簡単にできるところがすごいですよね。

これからもいろいろと試してみます。

ありがとうございます。

O(仮名)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

O様(仮名)

こんばんは神崎です。

ご感想をいただき、誠にありがとうございます。

こうして、何度も実際にご活用いただきました感想を
いただけることを光栄に思っています。

しかも、ちゃんとよい結果を出してくださっておられますことを
たいへんうれしく思います。


代替療法とか
療術とか、
現代医学とか

国家資格の有無だとか
各種団体の出した認定なんて

未開の土地に一人、
ポーンと連れていかれて

さあ、この病人を治してやれ!
と言われた時に

いったい何の役に立つでしょうか?


プロもアマも関係なく、
それまでの実績も関係なく、
その人の身一つでできることだけしか存在しない状況だったとしたなら・・・

温熱器の代わりになるものを自身でつくることができたなら
別に器具にこだわることもなく、何かの温法ができるわけです。


体操設計と手技と温法を使った物療の3つで
とりあえず何かできるわけですから

それだけでかなりの力を得たことをどうか
心にとめておいてください。

温熱倶楽部
→ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?%3Aonnetsu-slp
スポンサーサイト



プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ