FC2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

未分類

6月のメルマガ読者プレゼント

今回は、ブログ読者さんとミクシィのコミュのメンバーにも
特別にプレゼントします。

お待たせしました。

6月のメルマガ読者プレゼント

「膝の痛みと膝の水のたまり」のレジュメ(PDF形式)です。

http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?%3A6MoNtH-P

※6月30日までにダウンロードしてください。

本日(6月28日)、最終日の12ヶ月から7ヶ月で
動診なしに正体術矯正法が設計できるようになれます
「正体術指導者養成通信講座」の申し込みですが、

⇒ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?SIDOSYA

お申し込みいただきました方々が
各流派を代表されるような指導的立場の方々ばかりで

本当に光栄です。

たいへん感謝いたしております。

と、今では心から言える私ですが、
1年半前の私には正直申し上げて抵抗がありました。

それが、今では、この優れた方々が
この整体のルーツである「正体術」に関することを学び、
実際に体操設計が行えるようになることで

今まで、その方が修得されたことが
さらに活かされるのではないか?

さらに深く高く物にできるのではないか?

そう思うと心から嬉しい。

私自身、この仕事をとおして
少しずつでも成長していることに気づかされます。

また、どの講座もどの教材もですが
1〜2割の方は、プロの治療家ではなく
ご家族やコミュニティの方々のために学びたいと仰る
アマチュアの方々なのですが、

昨日も一気に受講要件の3教材を大人買いされて
すぐに「正体術指導者養成通信講座」を
お申し込みいただきました方が
いらっしゃいます。

ありがとございます。

今までも
こうしたアマチュアの方々の中には

「この人、天才では?」と思ってしまうような
成果を出されたり、
考察のメールをいただくこともあって
プロ・アマ関係なく

スゴイ方々に選んでいただけて
本当に光栄だと思います。

あまり増えないメルマガ読者の数と
ミクシィのコミュのメンバー数は、
単に私の個性のせいだけでないように思い始めました。

それについては、
ブログに書けないことなので
メルマガ限定で書きますけど

「神崎正体術B操法」フォロー&アイロン療法講座の
9月17日東京会場に参加をご希望の方が
いらしゃいます。

フォーロー&アイロン療法の後に
その他に受講を希望される内容として
「温熱道場」
「調息手技アドバンス(足首、股関節などをいくつか)」
をご希望とのことですので

関東甲信越で受講要件を満たしておられる方で
受講を希望される方は
どうぞ、メールでお願いいたします。

関西での「神崎正体術B操法」フォロー&アイロン療法講座の
ご希望もお待ちしています。
スポンサーサイト



プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ