FC2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

セミナー後記

いつ死んでもいいように動画を残してお

いつ死んでもいいように動画を残しておく

先日、東京で行いました「更新神崎正体術」と「体液循環・アイロン療法」の前日、

講師のA先生に
「いつ死んでもいいようにしておきたいので動画撮影してくださってけっこうですから」
と、メールしたところ、A先生のご家族にそれがエラく受けたみたいでした。(笑)

A先生も一瞬、「いつ亡くなってもいいように動画撮影します」と返信しようかと
思ったくらいだったそうです(爆)

動画撮影しておけば、何回もご覧いただくことで
私自身、言葉として説明していないことが実際の施術の中で
行動としては行なっている細かな点に気づいたり
レジュメの中には書いていながら
時間的なことで説明を省略したことなどを
できるだけ多く伝えることができると言う思いからなのですが、

たぶん、この動画は販売しないと思いますが、
それでも、もし、私がたとえ今日死んだとしても
A先生のもとには、それが残ることで
私からの指導を受ける機会を逸した方も
そのうち、それを受けられる機会が残されると思うのです。

で、今回の講習、たった3時間でしたが、
中身が濃いと好評でした。

最初の「更新・神崎正体術」は、動診によらない
正体術矯正法・神崎正体術の最新版を紹介しました。

まだ、これから療術道場を受講される方々にとっては、
まるで映画の結末を知ってしまうような講座でしたから
原理や理屈をできるだけ解説するはず道場の内容が、
いきなり屁理屈なしに一足飛びに、詳しい説明なしに型としての
体操設計法でしたから、ちょっとついてくるのがたいへんそうでした。

しかも、ちょっと難しい屁理屈も今回はタレましたので
さらに混乱されたかもしれませんから
道場を受講中の方々には、気の毒でした。

しかし、後編の「体液循環・アイロン療法」は
すでに温熱療法を道場の中で学んでいますから
屁理屈や検査法は、まだ上級編を受講されていないこともあって
最初は、少し戸惑っておられましたが
温熱の実習になると皆さん慣れたものでした。

前日に飲みすぎて体調の悪かった方も
たったの15分間の温熱で一気に体調が良くなってしまい

今回は、朝から昼までの講習で昼には終了していましたから
講習後には、温熱で体調がすこぶる良くなった飲平たちは、

「また、体調が悪くなってもアイロンですぐに良くなるから(笑)」と
言ってエビスの神様をお祭りしに居酒屋に行ったのでした(爆)

アイロン温法が終わってすぐに

次の講習は、椎骨別の手技(他動操縦法)?

それとも、調息手技アドバンスですか?

と聞かれても、その気になれるわけがありません(苦笑)

何しろ、まだここまでついてこれていない

日本の療術の基礎の基礎、義務教育レベルさえ知らない人たちが
圧倒的に多いのですから・・・

何しろ、ある「達人」や「鉄人」になれると言うコースを受講しても
検査をしっかりとしましょうと言っても

検査で歪みがあることは分かっても
その検査の結果から施術を設計できない
導きだせる仕組みになってないのです。

整体のルーツ高橋正体術の重心論は
左右型と言う大まかな歪みのパターンをとらえることが
できるためので日本の療術を最初に学ぶ上で
非常に分かりやすいわけです。

これを学んで基礎さえ作っておけば
他の療術を学んでも、それがどう言う意味を持っているのかが
理解しやすいのです。

調息手技療法・アドバンスとか講習を行なっても
体の歪みが分からなければ
その達人たち同様に先生から学んだその部位に関する技を
とりあえず、症状が緩和されるまでヤルしかないわけです。

しかし、療術のセオリーの中には
「難治の場合には手足を疑え」と言う言葉もあるくらい
四肢の故障が体幹の症状を引き起こしている可能性が高いのです。

それには、ある理由があるのですが、
そうしたことも高橋正体術の時代からすでに
分かっていたのですが、
そのような丁寧な書き方はしてません(苦笑)

ただ、こんな人が来たのでこんな体操を設計しました。

それだけなんです。

これをまとめてしまってパターンに分けると簡単なメモになってしまえるほど
行なっているパターンは、意外に少ないのです。

しかし、全てを何度も何度も繰り返して読んでいくことで
様々なことが見えてくるのです。

まとめてしまうと、一言に済んでしまうことでも
そこに至るまでの課程を経なければ、けっして理解できないことだって
この世にはたくさんあるのです。

来月12月から
「高橋正体術処方解説全11巻」の販売を久々に行います。

販売対象は、下記の教材全てを購入いただいている方のみです。

本日、11月30日だけ特別価格です。

日本の整体のルーツ・日本の療術を基礎から学びたい方は
ぜひ、この機会に「高橋正体術処方解説」を学ばれることを
私はお勧めいたします。

では、購入要件の教材を下記より
ご購入くださいますようお願い申し上げます。


1、せめて治療家・療術家ならばこれくらいは、誰でも知っておいて欲しい、出来て欲しい簡単手技!
「整体のルーツ・正体術」の手技療法と原理を応用したカンタン手技療法!
これを知らずに、手技を行うだなんて・・・無謀です。
日本の療術の義務教育課程「正体術倶楽部・手技編」

→ http://www.seitaijutsu.net/index.php?go=7fIf8g

2、今流行りの安心・安全な誰でも知っておきたいゆらし系手技療法。
日本療術の高等学校「調息手技療法・基幹の型0(ゼロ)&応用編」

→ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=L89qpO


3、体操設計なんて必要ない!まあ、そう早合点しないでください。
動診によって矯正体操を設計しながら左右重心とは?体のゆがみのパターンとは?
と言った「日本の整体のルーツ・高橋正体術」を学ぶ日本の療術の専門学校「1分間整体(正体術倶楽部・初級・中級編)ライブ」

→ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?%3A1punkan-sp20

スポンサーサイト



プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ