fc2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

代替療法

治療家の体が変われば、患者の体も変わる

治療家の体が変われば、患者の体も変わる

先日、大阪で開催されました温熱道場に参加いただきました方から

今朝、メールをいただきました。

ご自身、事故に遭われてからと言うもの体調を崩され

会場まで足を運び、受講するのにも不安を抱えておられたのですが、

受講時間の約半分は、温熱をご自身が受けることができると言う講習ですから

私のいままでの温熱の講習開催の経験から

きっと、受講されることによって良い変化が体にもたらされれる、と

確信していましたので、たとえ体調不良でも這ってでも参加されることを

お勧め致した次第です。

受講によってスキルを身につけられ治療に自信をお持ちになられたた上に

さらに、今後のさらなる発展を目指されておられる様子が

このいただきましたメールから見てとれます。

このスキルによって患者さんの体に良い影響を与えるだけでなく

さらにこの方ご自身の体が良い変化をされたことでやる気を得て

発展することへの意欲が湧いて、より多くの患者さんに影響を与える。

そんな予感に私もたいへん嬉しい気持ちでいっぱいになるのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神崎先生、温熱大阪道場では大変お世話になりました。


帰路も、なんだか体の調子がいいなあと感じていましたが、

その後扁桃腺の状態がかなり良くなり(まだ、100%ではありませんが)、

お腹の4点を押さえられてアチアチ!と言って脂汗が出たので、

ひょっとしたら、あれが効いたのでは?

と思ったりしているのです。



からだに活が入ったか、なにか大きな変化があったようです。

やっぱり、「這ってでも来なさい」という神崎先生の言葉は正解でした!


元気が出てきたので、三井式温熱器を持って行って、

三名ほど治療をさせていただいたのですが、

悪いところが一目瞭然にわかるので、

それまで全く診断ができなかった私にとって、

何やら、神器を手にしたような心強さを感じています。



また、これまで、棒灸や、枇杷の葉灸をしようと思っても、

持ち込みで行うには、畳を焦がさないかとか、警報機が鳴らないかとか

心配なことが多くて、なかなか実行に移せなかったのですが、

これならお呼びがあればすぐ伺えそうです。


プラス、何よりも大きな収穫は、私には治療のベースがなくて、

つまりマッサージの腕もなく、鍼灸の腕もなく、

気持ちよくさせる技も、治す技も持ち合わせておらず、

患者さんを訪問しても喜んでいただけるという確証がなかったのですが、

この温熱治療を基盤とすれば、これだけでも満足いただけるという自信がもてました。


これに、正体術の手技や、これまで学んできた鍼灸の技術をプラスしていけば、

どうにかやっていけそうだなあと少し展望が開けてきて喜んでおります。

大阪温熱道場に参加させていただけたことを、こころから感謝いたします。


また、成果や、疑問点などありましたら、メールさせてください。

今後ともよろしくお願いします。

追伸、

後1つ、質問があるのですが、今後、○○××も手がけたいと思ったら

どうすればよいのでしょうか?何か良い方法がありましたら、お教えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ガンを治す大辞典」「痛みをとる大辞典」
これらは、帯津三敬病院院長・帯津良一医博・編著による2冊の本
当時の最新医学療法から漢方、心理、代替(民間)療法まであらゆる療法に
ついて取材して厳選されたものだけが紹介されています。
この2冊で紹介された三井式温熱療法をもとにした温熱療法。

免疫系、自律神経系、循環系などに総合的なアプローチをする
DVD教材「温熱倶楽部」
<特典「アイロンによる温熱療法」のPDFファイル付き>

http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?%3Aonnetsu-sp1
プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ