FC2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミナー後記

岡山「療術道場」の初日を終えて

岡山「療術道場」の初日を終えて

昨日は、はじめて岡山で開催いたしました連続講座「療術道場」の初日で
「正体術倶楽部初級・中級編」を開催いたしました。

最近、この講座は単独で1日で開催することがめっきり少なくなり
まるで「グリコのオマケ」や「刺身のツマ」のような存在として
調息手技療法の講座3日間の参加者の皆様に3分割してお伝えすることが多かったのですが
あらためて1日の講習を行い、受講者の方々に実際に相手を誘導する実習を行っていただきました。

私が、被術者を矯正姿勢や矯正体操に導く姿をご覧いただくのと
実際に行うのは、全く次元の違うことだと言うことが分かっていただけたようです。

実際に普段、ご自身が行っておられる矯正法と私が、誘導した矯正体操では
その効果の違いに隔たりのあることを実感されたようでした。

私の誘導するのをご覧いただき
今度は、受講者が、誘導を行って
私が、要点をチェックして改善していく。
そんな実習を行いました。

DVD教材でもその姿は収録していますし
要点も述べながら誘導しているのですが
実際にご自身が行う際には、無残にも
勝手にやり方を変えて行われますから
ヘタすると自分で矯正した方が、よっぽど効きそうなくらいの
「なんちゃって矯正体操」に誘導されてしまいます。

ただ、これも慣れなのでその要点をしっかりと意識されて
繰り返すことできっと習得されることでしょう。

かつて「正体術倶楽部手技編」と「温熱倶楽部」を受講いただきました方から、
こんな声をいただきました。

(概要)
DVD教材「高橋正体術処方解説」を毎日、観ていく中で
昨日、「1分間整体(初級・中級編ライブ版)」を見ると
いままでと違った観方になりいままでには無かったような理解ができたそうです。
私(神崎)のかつてブログの内容も今、読み返してみると理解の深さが全然違うのだそうです。


下記に実際にいただきましたご感想のメールを紹介させていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神崎先生

おはようございます。

昨日は、岡山療術道場第1回を受講させていただきまして
大変ありがとうございました。

あたりまえのことかもしれませんが、やはり、生の講座は、全然
違いますね!DVDとは、まったく違う講座を受講しているような
感覚でありまして、あっというまのお時間でした。

自分の足りない部分も、おおいに恥をかきながら感じ取ることも
でき、しっかりとクリヤーしていきたいと思います。

開催地も理想的な場所ですし、これで東京で受講されてる皆さ
ん対する嫉妬も解消されました(笑)

そこで、講座中に予約の連絡をいただいた方にも、早速、帰って、
施術をさせていただきました。

テーマは、ご指導いただきました矯正体操の指導であり、丁寧に
その方にあった矯正姿勢に誘導することを実践いたしました。

右側の背中に強い緊張があり、起き上がり時には、息が詰まる
感じがするほど痛いということでしたが、伏臥で、右足を上げて同側
の背中が薄くなる方法をとって、ゆるむ高さを確認後、1.2.3トン
と行ってもらうと、狙い通り緊張がゆるんでくれました。

仕上げは、矯正姿勢をとってもらって、痛みの強かった箇所に温熱
を当て終了です。

大変、喜んでいただけました。

これからも、がんがんご指導いただきたいと願ってます。

本当にありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私も講座を受講いただく前には
次回の予約も紹介もほとんどなかったそうなのですが
今では、特に温熱のリピーターが増えてきたそうで
人によっては、毎週、温熱を希望される予約を取って帰られるそうです。


この方は、すでにdvd教材「高橋正体術操法解説」の全巻と
「神崎正体術B操法」をご購入され毎日、それをご覧いになられるそうです。

たぶん、正体術のみならず、他の手技療法やいままでの私の教材も
高橋正体術処方解説をご覧いただくことで
いままでになかった腑に落ちる感じや盲目的に行っていた手法の意味や
誤りに気づくことさえあります。

そして、私の言っている誤りにもそのうちに気づくことさえ出てくることでしょう。(苦笑)

別に療術において正解があるわけではないかもしれませんが
情報を活かすための情報や経験をこの教材は一気に高めることのできるものだと
私は思っています。

「手技編」を受講される前までは、膝の修正法は膝骸骨を縦横に動かす方法だけしか知らなかったがために
膝は苦手だったのが、手技編の受講後は、膝と五十肩は得意分野になられたそうです。

ちなみに、
今週の金曜4月29日は、岡山県岡山市で温熱療法の講座「温熱倶楽部」を開催いたします。
療術道場の参加者がいる今回は脱線もかなり脱線した内容になるでしょうから。

特にウリのない手技療法家や治療家の方々、あるいは、難病を何とかしてあげたいとお思いの方々は
ぜひ、ご参加ください。

温熱療法の使える人なんてほとんどいないのですから
温熱療法をつかえることは、きっとあなたのUSPになることでしょう。

4月5月岡山開催の講習日程(2011年)

4月29日(金・祝)温熱療法 10:00~18:00
5月1日(日)正体術倶楽部・手技編 10:00~16:00

<開催地>
岡山県岡山市中心部(岡山駅近く)

<参加費>
手技編:60000円(テキストあり)
温熱倶楽部:80000円 (テキストなし)
            (三井式温熱器を使用いたします。お持ちでない方は受講できません。
温熱器は弊社でも79800円<税込み>でご購入いただけます。
            DVD付き教材「温熱倶楽部」は、温熱器付きで147000円です))

復習参加は、初参加費の3分の1です。

定員:温熱倶楽部、あと1名です。(復習参加は別)
手技編、あと2名です。(復習参加は別)

お申し込みは、先着順で受け付けます。

1、ご氏名
2、ご氏名フリガナ
3、ご住所
4、〒
5、電話番号(できれば携帯)
6、メールアドレス
7、受講希望開催地と講座名:例1)岡山「温熱療法」復習参加 温熱器あり
              例2)岡山「手技編」初参加

8、その他 温熱療法を受講希望の場合には、使用いたします三井式温熱器の有無とその調達のご予定

以上を明記の上、

お申し込みは、こちらまで⇒ kanza9○seitaijutsu.xsrv.jp の○を@に変えてメールでお願いいたします。

※ブログやミクシィのメッセージ、メルマガの返信でも可能です。

PS:そのうちに講師養成講座受講完了者を対象にあのこの10年間日本の療術の中心となった系譜
「手技研」や「しんそう療法」などこの系譜の上流の手法を皆で正体術的見地から再構築する作業をやったあと
その後にできたこの系譜の下流の「自然形体」「回復整体」と言った流派の技も同じ見地にたって再構築しようかと思っています。

もちろん、単なる戦術としてハウツーものとして習得したいだけの人には参加資格はないのですけど
めんどくさい、この系譜の手法をすっきりとさせて単純明快なものにしてみたいです。
スポンサーサイト
プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。