fc2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

教材

お問い合わせをいただきました。

お問い合わせをいただきました。

ホームページを興味深く拝見させて頂きとても興味を持ちました。
DVDを購入したい(講習にも参加したい)と思ったのですが、情報量が多く、まず何から見ていったらよいのか判断がつかなく混乱してしまいました。

販売されているDVDはどの順序で勉強していったらよいのでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お問い合わせの件ですが、

まずは、動診で歪みを調べて動診で効果の判定を行うと言うプロ向けの矯正体操の設計法「正体術倶楽部初級・中級編ライブ版(一分間整体)」のDVDがお勧めです。

左右重心と言う観方からすると体の歪みにはある傾向がありますのでそのパターンを理解する上でも良い教材です。

その次には、「正体術倶楽部手技編」と言う相手を仰臥位にして骨盤の開閉を修正した後に前後に揺らしを行った後に腰枕をしたまま10分から15分したあと腰枕を外して

そのまま静かに寝かせておくと言うお年寄りから障害者まで無理なく行える可能性のある優しい手技をはじめ、五十肩や股関節、膝の修正を行いますが、このでも療術のセオリーを実際に手技を学びながら身につけていこうと言う工夫がなされていますし、前出の初級・中級編ライブで説明した歪みのパターンを体操ではなく手技と関連づけて説明しています。

そして、調息手技療法・基幹の型、応用Ⅰ、応用Ⅱは、基幹の型の習得することで受けてにとっても施術者にとっても負担の少ない気持ちの良い揺らしを中心とした手技を修得しながら力に依らない手技を行うために必要な体の使い方を学びます。

そして、応用編では基幹の型を行った後に残った症状に対して各部位ごとに下半身(応用Ⅰ)、上半身(応用Ⅱ)に分けて収録しています。
ギックリ腰や膝や股関節の痛み、首の不調や肩周辺の症状などを優しい手技によってアプローチいたします。

温熱倶楽部(療法)は、正体術矯正法(矯正体操)や手技療法を学んだ後に習得するとこれらと相性が良いので組み合わせるとたいへん効果的です。

これ以外に、正体術上級編(初級・中級編のリアルな受講者のみ受講可)、指導者養成講座と言う実際の講習でしか学ぶことのできない講座があります。

これらは、動診なしで正体術矯正法の設計ができるようになると言う画期的な方法です。

指導者養成講座には、リアルな全ての講習を受講された方だけしか受講できないと言う受講要件があります。

どうぞ、受講および教材の購入のご参考になさってください。

プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ