FC2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

未分類

乱暴にも正体術矯正法による部分矯正法

だいたい私の話はいつも乱暴ですが、

「言ってしまえば・・・」で始める私の例の「簡単(乱暴)にまとめた話」です。(笑)

なだらか歪みは普通に生きていく中でならば有りがちなことです。

それに対してメクジラを立ててはいけません。

それに対してはごく普通に私がセミナーで紹介している矯正法を設計すれば簡単に解決できることでしょう。

セミナー参加者のみなさんならばきっとこの効果を実感されておられることでしょう。

先日のセミナーで「正体術矯正法の弱点は?」との質問に

「う~ん、部分矯正かな~?」

私、そうお答えいたしました。

一度に多くの部位を矯正するのが正体術矯正法の長所なら、

その逆の部分矯正は、手技に比べるとある意味弱点ではないかと思ったのでそうお答えいたしました。

しかし、その弱点、欠点と言いながらもそれ以下の効果の矯正法しかない手技療法が存在していることも事実です。

話を本題に戻すといたしましょう。

一椎だけが変位していた場合、これは異常なこと故、きっと本人にも何らかの自覚症状があることでしょう。

その場合には、うつ伏せでその変位した椎骨部位に力が集まるようになるまで脚や膝を挙げておいて3秒間保持した後に瞬間脱力するのです。

なんで~そんな簡単なことかよ~?

実は、そうなんですよ(笑)

その椎骨の変位は、左右でも回旋でも前後でもお構いなしです。

「異常な椎骨が見つかったならば

そこに力がぐっと集中するような体勢をとっておいてから瞬間脱力する!」

この原理が元となって姿勢均整術の椎骨別の矯正体操が亀井進先生によって作られたのです。

まさに天才ですね、 亀井先生は。

そしてさらに付け加えて申し上げるなら、この脚や膝を挙げた時が、その問題の椎骨部位だけでなくちゃんとその狙った胸、あるいは腰などの左右の高さが揃うようになっているようにするのです!

(なんだ!これは思ったよりも難しいぞ! )

そうですよね?

この難解さ故に正体術は廃れていったのかもしれません。

そして、厚い方に合わせるのか?

薄い方に合わせるのか?

そういったことも関係してくるわけなのです。

(ウワ~こりゃあダメだ~!

とてもついていけそうにな~い!)

そう言ったことから解放されてすぐに使えるのが

私がまずセミナーで最初に紹介している動診で矯正法を設計する

「均整伝」なのです。

さらに付け加えて申し上げれば、そんな面倒な部分矯正なんてやんなくっても

一般の方でも身につけられる「トリプル操法」でも2~3回行えば

前後、左右、回旋を一度に矯正してしてしまえば

上手くいけば 、その問題の一椎さえ矯正されるかもしれないのです!(ホントです)

このトリプル操法って、ひょっとすると高橋正体術の伝家の宝刀、

「前後矯正法」より強力かもしれません。

効果は沖ヨガの修正法レベル!

しかも、たった一つの矯正法で全体を矯正する複合技です。

動診によって簡単に誰でも設計できますし

どんな屈強な、大きない筋肉を持つレスラーやアメフトの選手であっても矯正できます!

さらに、矯正後に動診で効果の判定までできます!

最後は、またしてもコマーシャルになってしまいましたね。


スポンサーサイト
プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ