FC2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足首

靴を脱いでハダシで歩け!その3

靴を脱いでハダシで歩け!その3

足根骨の歪みは、骨ばっていますので
足の骨の中で最も矯正しにくいところです。

寂動正体の方法やバランスクリニックの中にある手技。

そして、正体術矯正法の手技(手技編に収録)と体操(1分間整体に収録)。

あと、かつて、私が奈良の朱鯨亭で学んだ方法としては
あえて押圧によって歪みを強調してから
反動を使って正す手技でしたが、

これは、この部分を力づくで矯正しよとしても
到底無理なほど骨だらけで頑強にできているため

北風ではなく太陽が照らして旅人のマントを脱がせたように
力づくでは矯正するのが困難な硬い部分、屈強な部分は
無理しないで歪みを強調して反動を使って修正するあたり
流石、愉庵先生ならではの手法だと関心してしまいます。

私は、この手法をN整体の圧法のリズムを使って行っています。

大まかな原理原則みたいな物さえ分かれば
あとは、大した差はないのです。

少々の差など回数を行うことで埋めれれるのですから。

あと、力によらない押圧系の手技で
手を特別な形にして足根骨のある部位を
静圧すると言う手法があるのですが

それを力づくで行うのが
「その1」で紹介しましたI整体の足を踏む体操に相当するとも言えるでしょう。

様々な手技療法の流派や名人・達人と言われる先人たちの
手法も実は、高橋迪雄の正体術矯正法のあの「足首の矯正法」
と言う矯正体操の効果を手を変え品を変えて行おうとしていることが
お分かりいただけたと思います。

ですから、こうしたルーツになっている正体術を学ぶことで
いままであなたが学んでこられた手技療法を再度見直すことで
今までただ単に行うだけだった手法が何をしようとしていたのかが、
分かることでそこに焦点が当てられ

創意工夫することができるようになれば、
学んだ手法を応用したり
それ以外のあなた自身の手法を作り出すことだった
できるようになってきます。

基礎さえできれば、何かのセミナーに参加しても
すでに型として完成された手法を見ても
大方の意味が分かってきます。

今の日本の手技療法の各流派は、技を教えてくれはしますが
いつまでたってもそれではキリがありません。

自分で技をつくる術である基礎的なところがないのです。

私は、それを高橋正体術に見出すことができましたが、
あなたは、どうですか?

何か良い基本的な物、根幹となる物を見出すことができましたか?

私は、高橋正体術が自分なりの理解できるまで
ずっと、悩んでいました。

それは、無数とも言える療術の流派、手技療法の流派とそこに存在する無数とも言える手法。

それを死ぬまで学び続けないといけないのだろうか?

何が必要で何が不要で
何から学んでいけば良いのか?

各流派に似たような手法が多く見られるが
そこにはどんな共通点があり
相違点があるのか?

そんなことばかり考えていた時期がありました。

スポンサーサイト

足首

靴を脱いでハダシで歩け!その1

靴を脱いでハダシで歩け!その1

整体のルーツ、高橋迪雄先生の正体術の全盛時代、
大正時代の頃からすでに
田舎から東京に出てきて働く脚気の少年も
田舎にもどって裸足に近い、ゾウリやわらじを履いて
舗装されていない道を歩く生活に戻れば脚気にならずにすんだのに・・・
みたいな内容があります。(適当に書いてます・笑)

当時はまだ脚気の原因や治療についての知識が
巷間に流布されていなかったことは、ともかく

すでに、この大正時代の頃から
舗装された道路を靴を履いているく生活に回復する機会を
奪われたことが高橋師には分かっていたのです。

それ故、やたらと様々な足首の矯正法が体操や手技として
あの著書では出てくるわけなのです。

最も多く出てくる足首の矯正体操ですが、
私の映像教材「一般向け正体術倶楽部初級・中級編」や
プロ向け「1分間整体ライブ版」で紹介いたしております
あの例のやりにくい体操ですけど(苦笑)

何でまた、あんなにやりにくい体操なんだ?!
もっと簡単にすればいいじゃないか?!
きっと誰でもそう思われると思うのですが、
あえて簡単な方法にしないであんなにヤリにくい体操にしたのでしょうか?

あの方法がよく効くからなんです。(アッサリしすぎた答えでした)

足指を開いてから
いったん中足を下に向け
足首を反らしてから脱力!

しかも、ずっと目いっぱいの動きで行いましたね?

これほど、小さな骨ばかり集まった部位、
しかも全身の重みに耐えられるほど頑強な部位ですから
これほど複雑な矯正方向を同時に加えることで
不正となった足に骨を整えようとしているわけです。

ある素人の寂動正体のファンの方が私を批判する内容を
ご自身のブログに書かれていたのですが、
寂動正体では、足を踏んだだけで全身の骨格不正を一瞬で矯正できるのなんて
見ただけで理解できるわけがない、と言った内容が書かれていました。(笑)

素人の人は、ホント、カワイイです。

自分が分からないことは、他の人も分からないと思ってしまうみたいです。

このように足を踏むと言う方法は、
N整体の流れを汲むI整体の体操の中にも存在しますし
I整体の体操では、この足を踏んだ時にある動きを行うことで
高橋正体術の足首の矯正法と同じ動きを再現しています。

それによって
足首や脛骨・腓骨にまで矯正し
さらに上にまで影響を与えるためなのですが、

こうしたことも高橋正体術を学ぶことで
誰でも理解できるようになるわけです。

捻挫のために開いた脛骨・腓骨を締めるためや
ねじれを矯正する方法なんども多くの手技療法にみられる手法ですが、
本当の原因が、さらに末端である足にあることも多いのです。

この「靴を脱いでハダシで歩け!」は
メルマガで紹介いたしますので興味があれば登録してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

と言うことで、

●足首の矯正体操を紹介していますプロ向け矯正体操の設計法講座
「1分間整体(正体術倶楽部初級・中級編)ライブ

→ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?%3A1minseitai-salespage

●足首の矯正法を手技で行うだけでなく四肢のゆがみの矯正法を
はじめ、すべての手技療法家、療術家、治療家に学んでほしい
手技療法の入門編「正体術倶楽部手技編」

→ http://www.seitaijutsu.net/index.php?%3Asyugihen-sales

●シンプルな技は、手技編で紹介いたしましたので
ゆらし系の手法で四肢をはじめ体幹のゆがみにまで
やさしくアプローチする約60種類の手法
「調息手技療法・基幹の型&応用編」のセット

→ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?%3Achosoku-dvd-sales

足首

正体術で花粉症を救え!

正体術で花粉症を救え!

今年は、昨年の10倍の花粉が飛んでいるそうですね。
花粉症の方にはとんだ話です。(一応、ココで一つ入れときますね・笑)

同じ10倍の花粉が飛んでいる環境下にいても
人によってその影響が様々です。

たまにくしゃみが出る程度の人もいれば
涙や鼻水くしゃみが止まらないくらいひどい症状の方もいます。

東洋医学や療術では
こうした程度の差をその人の持つ体質を原因としてみます。

大正時代に日本で高橋金作師・迪雄師の親子によって作られました正体術では
左右どちらに重心(軸足のことではありません)があるかによって
そのかかりやすい疾患があると言う傾向が発見されました。

その左右重心のうち左重心の方には
花粉症などのアレルギー疾患にかかりやすい傾向が
ありそうだと言うことが療術では言われています。
(ただし、流派によって真逆の説もあります)

左重心の人は、左の骨盤が開き左の肩が下がっていて
左の足が太いのです。

骨盤の開きと肩の下がりを矯正するためには
本当にそんな体になっているのか?
逆になっていないか?
左右だけではない「ねじれ」のあるタイプかもしれませんし・・・むずかし~い!(涙)

ここで思い出していただきたい。

そうです!

あの足首の矯正法です。

左の足首が反らしにくくないですか?
脛骨とヒ骨の間が開いていないでしょうか?
左右の内くるぶしと外くるぶしの頂点を結ぶ周囲を
メジャーで測ってみてください。

なんと、あの寂動正体の先生も
花粉症の人は皆、
左のスネの2つの骨の間が開いている。と
書かれています。

正体術の足首矯正
(ただし、結果に責任は持ちませんので自己責任でお願いします)


足首

脚を細くする正体術矯正法をついに公開!

脚を細くする正体術矯正法をついに公開!

昨日の寂動正体の上村巌先生が、ご自身の脳梗塞の後遺症に苦しまれたその結晶を
HPで紹介してくださっていますからぜひコピペしておいてください。
もちろんコレクションではなく、ちゃんと使ってください。

<脳梗塞の簡便解消法>

http://www.synapse.ne.jp/~jyakudou/#%E5%AF%82%E5%8B%95%E6%AD%A3%E4%BD%93%E7%99%82%E6%B3%95


脛ヒ関節のズレについては
バランス療法の坂本恒夫先生も、足首の痛む人の場合
ヒ骨が、後方にズレているので前方に矯正するように説いています。
こうすると脛骨とヒ骨の二骨が締まりますよね。

足首を捻挫すると脛骨とヒ骨の2本の骨が開くので
重心がそちらに大きく移動することで
その頃から体調が一気に不調になっていた・・・
そういうことが多くあります。

そう言えば、NPO法人・氣道協会でヨガの成瀬先生が
足首の重要性を説かれておられたそうですので
療術の人でなくてもスポーツやダンスなど体に関する指導などなさる方は
注意をしておいた方が良いでしょう。

痛みは治っても骨の不正は治ってない可能性もあります。

足首の捻挫に要注意です。

じゃあどうしたらイイのか?

下記の正体術矯正法の足首の矯正を行いましょう

http://www.youtube.com/watch?v=kC5pvAbNv-A


でも、頭で分かっただけじゃあダメなんですよ
自身の体でできるようにならないと・・・

そう言ってもどうせやんないでしょう?(笑)

なら、秘密をばらします。

足首の矯正法は、なんと
脚を細くするのです~(爆)

少しヤル気になりました?(爆)

足首

技の分解と組み立て、太陽と北風

技の分解と組み立て、太陽と北風

先日、正体術倶楽部手技編を受講されました方から講習で学んだ2つの足首矯正ともに
クライアンが痛がって使えなかったので何か他の方法を教えてほしいとの質問メールをいただきました。

矯正なので痛くてもしょうがないと言えばしょうがないのですが、
それでも、手間はかかっても幾分かでも痛くない方法を使っていく方法を
先日の調息手技療法・応用Ⅰの受講時に指導いたしました。

まずは、正体術矯正法の足首矯正の動きにどう言う意味があるのかを一つ一つ分解して行き、
それを野口整体の手法やI整体の体操などを元に解説していきました。

そして、その一つ一つの動きから得られる効果を他の手法に代えて痛みを伴わない物に代えてみると言う
頭の体操を行ってみました。

2つの動きがあればその1つずつを組み合わせることで
同じような効果が期待できそうに思えるのです。

しかも、矯正と言う北風でなく
ヤワな太陽のような手法を使って行うのです。

最近の手技編や調息手技療法の講習は、来年の指導者養成講座や連続講座「療術道場」受講予定者ばかりなので
たまに「皮膚捕り」を使うように指導しています。

何も骨盤と股関節と膝関節の同時矯正は、正体術矯正法の専売特許と言うわけではなく
正体術矯正法ができるようになれば調息手技を使えば手技でも可能なのです。

その様子を指導者養成講座を受講された若き整体指導家S氏に見せて
「この手法の意味が分かりますか?」と尋ねてみましたら

「はい!分かります」と、答えが返ってきました。

要は、正体術矯正法の設計が可能になれば、手技の設計さえ可能になるのです。

ほとんどの療術家、治療家の方々はもうすべてを御存じなのです。

あとは、その知識を整理するための整理棚が必要なだけなのです。

たぶん、あなたは、私の指導を受けた際にこう思うハズです。
「な~んだ。それって、もうすでに知っていたことだった!」と

指導者の仕事は新しい知識を与えることではなく
それを整理することだと私は思っています。

あなたの天才性を私なら目覚めさせられると思います。

もう今までイヤと言うほどの講習を受講し
山ほどの本を読み
何度も頭を抱えて苦悩してきたあなたに必要なのは
新しい手法なんかじゃあないハズです!

もう、ムダ金をセミナーのために使うのはヤメませんか?
プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。