FC2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手技

脳梗塞にアプローチする足根骨の調整法を基幹の型でつくってみた

連続講座「大阪療術道場」では、はじめに道場生からの今抱えている問題や
最近実行してみて効果を上げた事例などを聞く機会があります。

今月は、「うつ」のクライアントに対してどう言うアプローチをしていくか?
と言う質問から、
「うつ」の方がどう言う姿勢になっているから
その姿勢をどうやって整った姿勢にしていくか?を安静体操(持続体操)や
手技療法、温熱によってアプローチしていくには?と
言った話を導入部分にいたしました。

以前には、脳梗塞にアプローチするのに「足根骨」を整えると良いと言う話から
某手技療法の足根骨の調整法を基幹の型のある手法を使って行なうようにしてみました。

その方法は、ひじょうに単純で簡単です。

その某手技療法の技はと言うと難しい技なのですが
やろうとしている目的は?と言うと
これは、「高橋迪雄の正体術」の例の「足首の矯正法」の動きの1部分なわけです。

ただ、脳梗塞にできれるだけ効果があげられるような方法にしようとすると
その某流派の足根骨の矯正法の体勢ではなく
正体術健康法やヨーガや仙道の行法を下敷きにして
経絡やクンダリーニや大周天と言った視点も入れないと効果があげられないと感じました。

また、野口整体では、絶対絶命の緊急時にアキレス腱を使うので
その点も考慮に入れて操法を考案しました。

で、その後、道場生の方のお一人が
これを実際にクライアントに使って試してみました。

しかも、医者のたまごである医学生に試してみたところ・・・
受け手になった医学生が
「ウオ〜!今、脳の○○の領域に血液が・・・
お〜!!今度は××のあたりに血液が・・・」と声を上げて
脳の各部分の血液循環が良くなることを感じたとのことでした。

技のつくり方、応用の仕方を実際に身近で体験してもらえてとても良かったと感じています。

ほとんどの療術で脳梗塞は、早い時期にアプローチしないと
効果がないと言われています。

ですので、誰にでも効果があげられるわけではありませんから
こうした症状の方を安請け合いすべきではないのですが、

「病気を治すんじゃあない。
健康にしれば、自然と病気は治ってしまうんだ。」
と言うのは、療術の専門学校をはじめてつくられた姿勢均整術の創始者・亀井進先生が
当時の文部省の役人に仰っしゃた言葉です。

療術の手法を自身で考えてつくる際、
現代の各流派だけでなく
その源流である正体術や導引、ヨーガと言った健康法や修養法や
経絡療法などに戻ると
また、違った視点からつくることができますから
たまに、そうした本や資料、高橋正体術処方解説をご覧になれれることを
私はおすすめいたします。
スポンサーサイト

手技

あなたにとって手技は主義

ゆらし系のソフト手技「調息手技療法」のセミナーをはじめて開催したのは、
もう4年くらい前のことになります。

「家庭ソフト手技療法」として3日間の講座に
一般の方の参加者は少なく、ほとんどがプロの治療家と言う講座になってしまいましたが、

なんと、当時は、操体法も指導内容に入れていました。

その後、東京で月1回開催しました一般向けの連続講座「民主手技」でも
操体法をお伝えしましたが、

私の操体法は、少し変わっています。

いままでに操体法を学んだことのある方も
私の操体法の指導の仕方は特別なものらしくて

「こんな細かなことまで指導する操体法の講座を受けたことがない」
と言う感想をいただきましたが、
その後、講座の内容から操体法を除きました。

理由はいくつかありますが、
操体法は、それを十分に活かすレベルになるまでになるのに
期間がかかり過ぎる上に

自動運動故に受け手の運動能力に効果が左右されるためが大きな理由でしたが、

これは、物事の1面しか見てないときっと賢明なあなたは思うことでしょう。

自動運動であると言うことは、
筋肉の緊張と弛緩を使って
受け手の体のゆがみを根本的に変化させることができる!

確かにそのとおりなんですけどね・・・(苦笑)

じゃあ、今、治療界、療術の世界で操体法の効果についての一般的な評価はどうか?

費用や時間を費やして
主に高齢者が相手の治療院の臨床で役立つレベルまでになろうとされる方が
はたしてどれくらい、いらっしゃるのか?

また、私から操体法を学びたい方の希望をメルマガ等で読者にお尋ねした反応から
削除したわけです(苦笑)

受け手の運動能力を含めて受けての状態、
術者の上手下手、特性、嗜好、人生観に手技療法は左右されています。

どの手技を選択するか?は受け手の状態よりも
実は、術者・治療家の趣味・嗜好・人生観・体癖で決まっていませんか?

そして、その治療家の趣味・嗜好・人生観に合った手技にマッチした患者が来ますよね?

私自身は、できるだけ安全で効果的な手法を
簡単に短時間で修得できるようにすると言う観点から、
その順番まで考えてお伝えしています。

前回の東京の手技道場では、
受講者から
「手技は●●の方が効果ある!(キッパリ言い切りっ!)」
とか
「手技は、手技編で十分!」と言った意見もあったのですが、

きっと、すべて正解だと私は思っています。

ただ、
「その人が施術者としてなら正解だ」と言う範疇の限定付きでの話ですけど。
だって、好きになる理由はどうせ後から付けるだけなのですから(爆)

私なんて、ずっと以前から「手技なんて何でもイイ」と言ってるくらいなのに・・・(苦笑)

そんな意味で
前回、力によらない押圧系&運度をミックスした手技をお見せして
体験もしていただいたのですが、
あの手法の持つ意味、分かってもらえたかな~(笑)

高度な手技の手法の中には、
深遠で根源的な意味が隠れていて
それを見つけて手技や体操に応用することができるので
そうした視点を持ってもらうことと理論の深堀ができたら
これはもう、一派の創始者になれるんじゃないか?

そう思っているのですけど・・・

って、ココまで狙ってる私の講座って、ちょっとスゴイでしょう?(笑)

手技

靴を脱いでハダシで歩け!その2

靴を脱いでハダシで歩け!その2

実は、この内容はメルマガだけで紹介しようかと
思っていた内容なのですが、

中には、どうやったら
メルマガ登録できるのか
分からない方もいらっしゃるかもしれませんので

メルマガ登録できるURLを紹介しておきます。

正体術.net
→ http://www.seitaijutsu.net/

正体術倶楽部
→ http://kanzaq.sakura.ne.jp/

正体術健康法ブログ
→ http://kanzaq.blog75.fc2.com/

の3つから可能です。

このマニアックな内容は、
かつてミクシィのコミュ
「整体のルーツ・高橋迪雄の正体術」
を始めた5年前からのこと

あまりのマニアックさと過激さから
メンバーが全然増えません(爆)

ゲームソフトの裏技のように
安易なハウツーもの全盛の時代に
大正時代に興った整体のルーツと
いう無骨で基本的なことを
紹介しているためか、安易な人たちには
なかなか受け入れられません(爆)

ーーーーーーーーーーーーー

最近、メルマガの解除が多いですね~(苦笑)

メルマガで教材やセミナーを販売しながらも、
実は、かなり濃い内容を盛り込んでいるために
そこの織り込まれた内容の意味が分からないために

売りつけるばかりでけしから~ん!と感じて
解除するしかないわけですからね

気の毒ですけど、しょうがないですね

私のブログとミクシィのコミュとメルマガは
最初からマニアックな内容を
ずっと書き続けていますから・・・

今回のは、ブログには書いていない内容です。(少し紹介しますけど)

詳細を書いていないので
教材をお持ちでない方は、なかなか理解できないと思うのですが、

手法の名前で何となく想像できるかもしれません。

あるものは力づくで、
あるものは、力によらないで

そしてあるものは、小さな力の組み合わせで
はたまた、氣の力によって行われる手法なのですが

一見、経絡を使っていると見えても
見方を変えると骨格の不正にも作用することで

両者の効果には、近いものがあることが
非常に興味深いわけです。

久々にマニアック過ぎる内容故、
ネットで検索しても
あまり、その内容を知ることのできない手法ばかりです。

私は、情報やスキルを得ること、
自己投資することに価値を感じ、
真剣な態度でそれを求める人にだけに
提供したいと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
(ブログでは、一部を虫食いに変えています)

足を捻挫をすると
早ければ数時間後には、
仙腸関節にまでその影響は及び、
なかなか、その歪みは自力では治る機会を逸してしまいます。

足首の矯正法と言う体操と手技が
整体のルーツ・正体術矯正法の中には存在します。

それは、高橋正体術の著書の中においても
やたらと出てくるのですが、

基幹の型の中にある「●●まわし」は
そうした意味でも大きな意味があるわけです。

応用編の中では、さらに、各流派に見る手法である
中足骨の間の「●掃除」と呼ばれる手法と
「●抜き」と言う手法
N整体の「下肢第●」などを

なんと私の紹介しています応用編では、
簡単な(?)「●●まわし」として
一気に行おうとしています(笑)

そして、足首捻挫のために開いた
脛骨・腓骨を締めるための応用編の技
「下肢の××××」もまた

正体術矯正法の「足首の矯正法」の一つの目標を
手技として行おうとしているわけなのです。

また、足指の間を拡げる効果と足首を伸ばして
二骨間を締めた状態で牽引と捻転を加える
「下肢の××××」もまた、これらの効果を狙っています。

大正時代からすでに窮屈な靴を履き
舗装された道路を歩きだしたことで
足の足根骨から中足骨、足指、

そしてさらに足首より上の
脛骨・腓骨のゆがみを裸足で歩くことで
自然に矯正する機会を逸してしまった現代人の体を

治す手法を多くの天才や名人たちは、
高橋正体術やその他の手法から
あるいは、経験の中から見つけ出して
様々な形で作っていったわけです。

そして、何も、これは、下肢だけの問題ではなく
上肢においても同様の問題が発生する可能性が高く、

これら下肢の手法は、上肢にもそのままか
その特性に応じて活用できる手法にもなるわけです。

そのように天才や名人、創始者たちは
活用しています。

「靴を脱いでハダシで歩け!その3」以降はメルマガで紹介します。

----------------------------------

手技療法を行うにも、相手の体をゆがみがどうなっているのかが分からなければ
どうしてイイか分かりません。
体の大まかな歪みも診方、重要な下半身の歪みの見つけ方を解説し
その修正法と体全体の歪みを大まかに修正する簡単な手技療法。
手技療法の基礎を学ぶには、まず、これから
「正体術倶楽部・手技編」

→ http://www.seitaijutsu.net/index.php?%3Asyugihen-sales

「1分間整体」と「手技編」で基礎を学ばれた方に
さらに、簡単なゆらし系の手法を紹介いたします。
施術者にとって体の負担の少ない体の使い方を学んでいただく
「調息手技・基幹の型」約20種類の手法、

そして、さらに「応用編」としてさらに約40種類の手法を紹介しています。

→ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?%3Achosoku-dvd-sales

動診を使って矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま
足や膝を数センチ上げてストンと床に落とすだけで
ゆがみを矯正する簡単な矯正体操・正体術
プロ向け「1分間整体(正体術倶楽部初級・中級編ライブ版)」

→ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?%3A1minseitai-salespage

手技

ゆらし系もけっしてあなどれない

ゆらし系もけっしてあなどれない

先日の私のブログ・メルマガ
「治療家の体が変われば、患者の体も変わる」
をお読みいただきました方から
こんなメールをいただきました。


ーーーーーーーーーーーーーーー
メルマガの
治療家の体が変われば、患者の体も変わる
のところに、

扁桃腺の状態がかなり良くなり

と有りましたが、民間療法で、仙人草、を腕に貼り付ける方法がありますが、ご存知でしょうか?
ネットで方法が紹介されています。
扁桃腺炎の発熱には効果が高く、私は子供のときにしてその後熱が出なくなりました。

参考までにメールいたしました。

ーーーーーーーーーーーーーーー
メールありがとうございます。

私自身は、扁桃腺炎なんてほっておいても勝手に治ると
思ってましたので全く興味がなく全然知りませんでした。


しかし、慢性・習慣性扁桃炎の方にとっては
たいへんな苦痛でしょうから

「仙人草」「扁桃腺炎」検索してみましたら
検索1位は、下記のブログでした。

http://senninso.blog59.fc2.com/


くれぐれも迷惑にならないようにお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーー

先日、奈良の朱鯨亭のメルマガ「路地裏の整体術」に
「手の指」と題して
肩や首がうまく動かない、
背中や腰がつらい、股関節も痛む・・という方の原因が
手の指を打った際に関節を歪めたためだったのを
愉庵先生が見つめられ、

それを整えられて一件落着、
めでたしめでたいと言う話だったわけです。

流石、愉庵先生!

このように体幹に現れた症状の原因が四肢にあることは
かなり多く、高橋正体術においても
下肢の末端にその原因を見つけて
それを解消する矯正法がやたらと多いのです。

高橋正体術だけでなく
野口整体にしても、
操体法にしても、
バランスクニックにしても
寂動正体にしても

今流行りのゆらし系の手技にしても

その型となった手法の目的として
四肢のゆがみにアプローチしているものが
非常に多く見られます。

単純に下肢しか下半身しか本に出ていないからと言って
そのまま、下肢のことだけを真似るだけでは、
その本質を見逃してしまいます。

下肢の手法は、上肢にも適応できる可能性があり

下半身の手法もまた、上半身にも適応させることができるかもしれないのです。

そんな意味でも、私は高橋迪雄の正体術が日本の療術、整体に大きな影響を与えた
ルーツの1つ、基礎だと思うのです。

ーーーーーーーーーーーーーーー

四肢へのアプローチをゆらしの手法で行う
「調息手技療法・応用編」は、
「調息手技療法・基幹の型」とのセットとして販売中です。

http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?%3Achosoku-dvd-sales

足首の矯正法、上肢のねじれ、膝の矯正、股関節の矯正法から
四十肩の修正法から体幹である、骨盤のゆがみまで
基本的な手技を学ぶには最適な教材「正体術倶楽部・手技編」

http://www.seitaijutsu.net/index.php?%3Asyugihen-sales

手技

上肢操法・上肢調律点

上肢操法・上肢調律点

昨日は、岡山で連続講座「療術道場」の第10回、
指導者養成講座・高橋正体術処方解説の第3回目でした。

主に腹部の問題部位を骨盤を中心に体のゆがみと
同時に調整しようと言う正体術矯正法の設計をお伝えしたのですが、

腹部を整える際にどこを診るべきかと言う目安がなければ
なかなか、むずかしいと思い、前々回の指導者養成講座から
野口整体の腹部操法・腹部調律点をお伝えすることで
それを目安にして正体術矯正法を設計する実習を行なっています。

筋骨格を整えることを中心にするためか
腹部を施術する人は意外に少ないみたいですから
他との差別化としても非常に良いと

以前、当会で温熱療法を学んで
腹部の温熱療法がクライアントに大ウケしたと仰る先生が、
この腹部の手技と体操設計をたいへん喜ばれていました。

時間が、30分間くらい余ったので
オマケで上肢操法もざっとですが、
お伝えしてみました。

まず、左右どちらの腕を選ぶかなのですが、
感覚的なものを頼りにすると初学者の場合、
この2分の1の選択でさえ困ってしまいます。

じゃあ、エンピツか何かの棒を倒すか
サイコロでも振って出た目の丁半で左右を決めますか?(爆)

そこで、この整体を体のゆがみを整えるために行う方法と
単純に考えて見た場合、

この上肢操法とは、
上肢を使って体幹のゆがみを整えるために
上肢のゆがみからアプローチしていく方法だと
仮定して見た場合、

問題あるゆがみのある方を目視で診るか
それが無理なら検査で診て決め、
各調律点もゆがみを整えるための
操法として考えて野口整体以降の手技療法を参考にして

この操法は、たぶん他の手技療法の
この手法と同様の目的で行うと仮定すると
こうやることもできるとか・・・

実際に行なって見せながら解説していきました。

前回の東京開催の療術道場では、
このような解説をした際に
野口整体を学んだ方々から
古い整体指導家の操法の中には、そのような方法があります。

さらに、それをこうしていました。

と、さらに輪をかけて
効かせるようにしていたくらいなのですから・・・

そのうち、野口整体以降の触手・押圧系手技療法
(大雑把なくくりで申し訳ないです。潔癖な野口整体のシンパにとっては不適当で不愉快で表現なのは
承知の上で、クレームは受け付けておりませんので悪しからず)
を、愉氣の重要性は承知していながらも

こうした仮説や視点でもって真逆のことさえ存在するセオリーなど
を再検討して漠然としたものでなく
簡潔な分かりやすいものとして
解説して身近なものとして紹介してみたいと密かに思っています。

ちなみに、前回の東京開催の療術道場参加者なら
左右同じ動作を行う健康体操や導引などを
その方のゆがみに合った体操に設計することができます。

10月9日・10日から開催の東京「療術道場」
に参加をご希望の方は、下記までメールで
もうすぐ締切ます。あとで泣いても知りませんよ(爆)

→ kanza9@seitaijutsu.xsrv.jp


それが無理なら

「マイ・ベスト!」
せめて治療家・療術家ならばこれくらいは、誰でも知っておいて欲しい、出来て欲しい簡単手技!
整体のルーツ・正体術の手技療法と原理を応用したカンタン手技療法!
これを知らずに、手技を行うだなんて・・・無謀です。
日本の療術の義務教育課程「正体術倶楽部・手技編」

→ http://www.seitaijutsu.net/index.php?go=FEGBYF

余裕があれば、手技編の無骨な手法を流行りのゆらし系で行う安全・安心の誰でも知っておきたい。
日本療術の高等学校「調息手技療法・基幹の型&応用編」

→ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=fNywf0


体操設計なんて必要ない!そう言わないで左右重心とは?体にゆがみのパターンとは?動診によって矯正体操を設計しながら
日本の整体のルーツ・高橋正体術を学ぶ「
日本の療術の専門学校「1分間整体(正体術倶楽部・初級・中級編)ライブ」

→ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=JzQEfH
プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。