FC2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想

あれから3000日を超えました

平成18年(2006年)11月23日に
Mixiのコミュ「整体のルーツ 高橋迪雄の正体術」を
開設して2月9日で3000日となりました。

その間には、平成20年11月に会社を設立し、
高橋迪雄著「正体術矯正法」の処方解説した教材や
その後にできた体操設計法を収録しました「体操設計講座」、
動診なしに誰でも自由自在に体操設計できる神崎正体術B操法
F操法もつくることができました。

また、自然形体療法の系譜の代表的な3流派の手法を知ることができた上に
その前の世代である手技研と並ぶ手技療法である
「運動手技療法」を学ぶ機会を得たことで左右重心論を
磯谷療法や川井筋系帯療法とは異なる方法でアプローチすることから
三井式温熱療法の横臥位からのアプローチのとらえ方が変わりました。

そして、自然形体療法や村松塾では座位・立位・横臥位の施術から
次第に仰臥位・伏臥位ができるようにしていくと言う考え方は
三井式温熱療法や戦国時代から存在する古(いにしえ)の活法にも見られる
あまりに不調な場合には仰臥位や伏臥位での施術など机上の空論だと言うことを
まざまざと思い知らされる現実でした。

相手が左右型なのか?回旋型なのか?で迷うことなく
動診で判断して体操設計できる新正体法の骨盤操法を
はじめて知った時には、これ以上の設計法は存在しないと思いましたし、
この設計法をつくられた宮本紘吉先生のことを天才だと感じて

これなら誰でも安全に動診によって体操設計が行えると思って
止むに止まれぬ想いから
ミクシーのコミュで正体術や左右重心論などに関連する情報を発信していきました。

そんな時、体操設計の講座の中で
ある受講された方からの質問で
「骨盤操法で逆の方向を向くのってないんですか?」と言うのがありました。

質問をされた方は、たいして考えることもなく
ただ、直感的にされた質問だったのでしょうから

「首の向きは固定なのでこの8種類だけなんですよ」と
お答えしたのですが、・・・

実は、骨盤操法が、ここまで洗練される前には
たったの2つのタイプしかなくて
その2タイプを左右型と回旋型によって真逆に使っていた時期がありました。

顔の向きは床方向に向けた姿勢でしたから
骨盤や腰椎だけにアプローチすると言うシンプルなものだったのですが

その後、多くの臨床から顔の向きや上肢の置き方で上体の回旋にまで
アプローチすると言う全身矯正法に発展していったわけですが
正直、顔の向きがその方のその時の体にとってベストかどうか?は
疑問がありながらも、はやして、どうやって顔の向きにしても
上肢の位置にしても体の傾ける角度にしてもどの程度にしたらベストなのか?
と言う細かな点についてまだ、はっきり明確なことが分からないままでした。

分からない時には基本に帰って
ひたすら「高橋迪雄著:正体術矯正法」を読み続けていきました。

たぶん、70回くらい読んだころ
ある仮説を立てることができました。

それが、伏臥位の設計法「神崎正体術B操法」で
それを仰臥位にした設計法が、「F操法」です。

現在、立位や座位、横臥位での設計法までできるようになりましたが
基本的には、この「B操法」と「F操法」の応用でしかないのです。

診方も考え方も基本的には左右重心論を中心においていますが、
そうすることで古の活法であっても温熱であっても自然形体の系譜であっても
左右型か?回旋型か?と言うあたりで診て
神崎正体術の原理で判定して設計すると言うことで
統一した診方でいけてます。

多くの手法を知ることは枝葉を増やすことですが
大樹は、地上に見える枝葉や幹と同じだけ
地下には根を張っているものです。

あなたに70回読めなんて言う気はありませんが、
様々な手法について、その手法の意味することを
考えながら学ぶことで枝葉だけでなく
根っこを育てることができます。

どうか、本や教材も何度も繰り返して
読んだりご覧になってみてくださると
1回では見えなかったことが見えたり
気づかなかったことに気づくものです。
スポンサーサイト

感想

ダ・ル・マ・さ・ん・が・立ち上がった!

先週、「正体術指導者養成講座」の
「高橋正体術処方解説」
「修正体操講座」
「神崎正体術B操法」
の3教材を一括でご購入いただきました整体指導家の方から

さっそく、ご活用いただきました感想をいただきましたので
紹介させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

神崎先生

こんにちは。G(地名)のA(仮名)です。

返信遅れまして失礼いたしました。

(中略)

 早速ですが、土曜日に施術を行い、
その中で拝見した「B操法」を試してみました。

 一人は急に熱が出て、首が回らず、
声も出せずに身体も縮んだようになられた御婦人の方でした。

 うつぶせになり、脊椎に愉気を行います。
触れた瞬間に冷えである事がわかりました。

十分に気を通した後、
骨盤の状態を確認し、
捻じれを観て、
背中は気が通る姿勢に調整し、

最後に腰を微調整して
膝をあげていただき、
ストンと落としておしまい。

あとは足の指で身体の様子を確認して、
最後に正座をして頂いて、
仙骨に愉気をしてお終いですね。

初見から始めて、
所要時間は7分ほどでしょうか?

それでも、正座して頂いた時点で、
顔色や眼の輝きが変わってきて、

その15分後には普通のように、
首も回せてスタスタと歩いておりました。

声も出るようになりましたね。

確信はありましたが、やはりすごいですね。

今回のように疲れ果てたようになった方には動診は出来ないし、
過剰な御負担をかけることになるので
短時間で姿勢を決めて、
やって頂いて、

早く楽になっていただく事が一番重要だと感じます。

二人目は、一人目の方の娘さんで、右肩が痛いとの事。

観れば肋骨がしぼんでいます。

左右をとると、
両方とも同じ調子で呼吸はしているので

野中操法で整えて、
呼吸活点で縮んだ肋骨を開いてから、
最後にB操法を行いました。

この方の場合は仕上げに使うという
従来自分が行ってきた操法の中で、
正体術をどう使うかという観点で観てみました。

呼吸が楽になり、
出来なかった新呼吸も楽々出来るようになったのは
見て取れましたが、

その通りにおっしゃって嬉しそうでした。

やはり、自分で理解し、
使って確認し、
自分の中で練り上げていかないと
どんなものでも使えませんし、
新しいものは生まれてきません。

そういう意味では
私自身が進化していくにはこれからです。

また、要所要所でご報告申し上げます。

それでは、失礼いたします。

A(仮名)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

野口整体は、「人間は玉でごわす」と言う
野中操法の野中先生のように

腹部をはじめ体幹にアプローチする操法が
療術、手技療法としてその根幹にあります。

「だるま操法」とでも言えるほどの
手法群がそこには存在しています。

それに反して高橋正体術は
四肢を操作することで
体幹にアプローチする体操なわけですから

野口整体や野中操法に高橋正体術を併用されるのは
まるでダルマさんに手足をつけるみたいなことで

いただきましたご感想からも
何だかダルマさんが立ち上がって
バンザイしたように感じます(笑)

たいへんうれしいです。

ありがとうございます。

感想

「温熱倶楽部」をはじめ教材を大人買いくださいました方から

久々に三井式温熱器を使った温熱療法のDVD教材
「温熱倶楽部」をはじめ一気に教材をご購入いただきました方から
いただきましたご感想を紹介させていただきます。


神崎先生

お世話になっております。
O(仮名)です。

温熱の教材の感想をお送りしていなかったので、そちらもと思い、メールをさせ
ていただきました。

予想通り、奥さんがこれにはまりました。

温熱器を使うと、奥さんの体の見た目がかなり変わります。
正体術とあわせて使っているのですが、
バストアップ、ヒップアップ、ウエストのくびれ作りにかなり効果があるように
思います。

奥さんの場合は、特にヒップアップが顕著です。お尻に温熱器をあてていると、
ぷっくりとヒップアップしてくるのが分かります。
びっくりしました。


あと、正体術なのですが、知り合いの77歳の方に試したところ、すごく驚かれま
した。

動診→体操→動診をやったところ、2回目の動診でかなりの改善を感じられたら
しく、びっくりされてました。

その方は、素人の私がみても分かるほど、左の骨盤(腸骨というのでしょうか?)
が左側にはみ出していて、たぶん、腰の骨がずれているんだろうなぁと素人考えに思って
いたのですが、それも目立たないくらいになりました。

本気で感謝していただいたみたいで、ちょっとくすぐったいような気分です。
手品をみせているみたいで面白いですね。

素人でも簡単にできるところがすごいですよね。

これからもいろいろと試してみます。

ありがとうございます。

O(仮名)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

O様(仮名)

こんばんは神崎です。

ご感想をいただき、誠にありがとうございます。

こうして、何度も実際にご活用いただきました感想を
いただけることを光栄に思っています。

しかも、ちゃんとよい結果を出してくださっておられますことを
たいへんうれしく思います。


代替療法とか
療術とか、
現代医学とか

国家資格の有無だとか
各種団体の出した認定なんて

未開の土地に一人、
ポーンと連れていかれて

さあ、この病人を治してやれ!
と言われた時に

いったい何の役に立つでしょうか?


プロもアマも関係なく、
それまでの実績も関係なく、
その人の身一つでできることだけしか存在しない状況だったとしたなら・・・

温熱器の代わりになるものを自身でつくることができたなら
別に器具にこだわることもなく、何かの温法ができるわけです。


体操設計と手技と温法を使った物療の3つで
とりあえず何かできるわけですから

それだけでかなりの力を得たことをどうか
心にとめておいてください。

温熱倶楽部
→ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?%3Aonnetsu-slp

感想

大人買いしてくださった方からのご感想、第2弾!

「大人買いしてくださった方からのご感想、第2弾!」を
すぐに配信しようかと思ったら
意外なことが起こってしまいまして

そちらに注意がいってしまい
紹介するのが遅れてしまいました。

では、教材を大人買いくださいました方からのご感想です。

神崎先生

「1分間整体」と「手技編」、拝見しました。

自分もこれまでいろいろ学んできましたが、
トップクラスの使える内容だと思いました。

多くの手技療法がありますが、
すばらしい内容だけど身につけるのに時間がかかるものだったり、
凄く高額だったりするものが多い中でこの教材はすばらしいと思います。

自分で色々応用できそうな気もします。

まだ消化しきれてないですが、調息手技のほうの申し込んでしまいました(汗)

今後もよろしくお願いします。

M(仮名)

ーーーーーーーーーーーーーー

このご感想をいただきましたMさんは、
整形外科で勤務されておられた時から
医師からたいへん信頼されており、

かなり自由に施術をさせてもらっていた方なのです。

今、独立開業の準備中だそうです。

Mさんの独立開業のご成功をお祈りしております。

そして、なんと今、
調息手技療法をご購入に合わせ
それを行うスペースも急きょ作られるそうです。

現在、ご友人に練習台になってもらって
調息手技の練習中だそうです。

本当にすばらしいですね!


教材を実際に施術としてご使用される前に
練習されておられることが非常にうれしいです。

私自身、手は主に野口整体で作り、
体は基幹の型でつくったように思います。

それが、たとえ、一時期であっても
自然に身につくまで
集中して練習するとイイです。

「基幹の型なんて手法がヘボだ」とか、
そんな思考や検証のない文句を言いそうな人って
その他の手技療法のシンパにいそうなのですけど、

手法の優越とか
順番とかはどうでもイイですから
「基幹の型」を身につけると

温熱や他の手技を行う際にも
自分がより楽な姿勢を体が自然と探すようになります。

ですので
人それぞれ、時間的な制約はあるでしょうが、

もし、練習台になってくれる
相手がいなければ
布団を丸めて胴体にして
それにバスタオルでできた四肢を付けたものを

相手に
イメージトレーニングとして
実際に体を動かして練習してみてください。

一度、体で覚えたことは、
あなたにとってずっと使える財産になります。

頭は、次第に働くなってきますが、
体で覚えたことは、かなり長くにわたって使えます。

手技ができなくなっても
温熱なら、三井式温熱の三井とめ子先生のように
かなりの年配になっても施術を生業にできます。
(施術用のベッドでの施術になりますけど)


そういえば、
先日、「パクリだけでなく思考と検証することで
一歩、抜きんでることができる!」と書きましたけど

パクリこそが、王道です!(笑)

まずは、しっかりとマネてください。

感想

タイムリーな報告

今日は、裏で販売しています「高橋正体術処方解説」と「神崎正体術B操法」「修正体操講座」の
一括販売の最終日なのですが、

すでに上記の教材をご購入いただきました方から
報告のメールをいただきました。

ーーーーーーーーーーー

神崎先生

おひさしぶりです。

お陰さまでDVDを購入してから
からだの見方や患者さんへの体の説明(どんな施術をしたのかなど)をお伝えしてから
改善率が早くなり、口コミが増えてきています。

一方的にこちらが治療をするというよりも
患者さん自身が今、体がどんな状態か知る事で
気をつけて動いたり、休んだりされているようで
DVDを購入してから一番嬉しい出来事でした。

今回も報告です。
先月末に診させていただいたお客さんで

去年末、腰を痛めてしまい整形外科にいったら
ヘルニアと診断されて
翌月の1月には入院してリハビリを行っていたそうです。

とはいっても、痛み止めと無理なリハビリで
病院不信になり、近くの●●整体(伏せ字にしました (笑))で
5ヶ月間ほど通って体の歪みは取れたのですが

右腰、仙腸関節部、お尻から大腿、ふくらはぎの外側から足の甲まで
つっぱりと痺れがどうしてもとれなかったそうです。

つっぱりや痛みは、その整体院で右脚をひっぱられてしまって
余計に痛みがでてしまい、それから行かなくなったとのことで

紹介で自分の所に来ました。

歩行時に痛みがあり、椅子に座るとまだマシになる
5ヶ月間、歩けなかったストレスでうつ傾向
痛み、つっぱり感にすごく恐怖を感じる状態

そこで、B操法と手技編の股関節操法、
足首矯正法を中心に施術をしたことろ

20分で痛みが消失
おしりの奥の突っ張りもなくなり
5ヶ月ぶりに楽に歩けるようになりました。

私も患者さんもびっくりでその日は終わりました。

3日後にも施術をしましたら
痛みやつっぱりは3割減で維持。
施術をしたら、痛みは消失。

このまま治療ができると、回復も早いと思ったのですが

患者さんの7月までには働きたい!歩きたい!動きたい!という思いが強く
痛みから来るストレスには勝てず
現在、神戸の病院で手術を受けるとのことでした。

5ヶ月前に初めて自分が担当したらどうなっていたのか?
もう少し早く回復できていたのか?

など考えてしましますが、今回もDVDの内容に凄く助けられました。

アドバンスの内容は凄く気になります。
ただ正体術や神崎正体術、手技編の体の見方で使用したら
どれほど効果があるのか?というところが一番興味があります。

ゆらし系でウン百万円使った先生が
ヘルニアを5ヶ月間治療を続けて和らげられなかった
痛み、痺れを患者さんがびっくりするほど
変化をだしたDVDの内容。

それとアドバンスの組み合わせには夢が膨らみます。

技に溺れる事無く、コツコツと試行錯誤しながら
頑張って行きたいと思います。

------------------------------

こんにちは神崎です。

今回は特にタイムリーなご報告
ありがとうございます。

ヘルニアと診断されても
それが痛みの直接の原因か?と言うと
ヘルニアであっても皆が痛みやシビレを感じるかと言うと
そうでないことは、整形外科の治療が上手く効果をあげていないことと

その代わりに代替補完療法が存在し続けている理由でもあるわけで
こうした腰痛や膝の痛み、坐骨神経痛などは

足首や外反母趾などの足の骨の不正から
脛骨・腓骨の2骨にゆがみを生じさせて
膝や股関節、骨盤・仙腸関節から
腰椎へと上位にまで影響を与えてしまっている。

筋骨格系の痛みやしびれのほとんどは
筋性疼痛(攣り、引っ張り、こわばり、凝り、痙攣、攣縮、スパズム)で、
筋肉の微小損傷が始まりで
それが、「痛みの連鎖」によって慢性的な筋肉疲労となる。

※痛みの連鎖:痛みを感じると交感神経が興奮し
その部位の筋肉が緊張し血管が収縮することで
その筋肉の疲労物質・発痛物質が停滞しやすく
酸素や栄養が届くにくい状態が続く連鎖。
(適当に書いてますから少々間違っていても文句はなしネ・笑)

まずは、大まかな体全体のゆがみに神崎正体術でアプローチしてから
手技によって残る足首や股関節にアプローチされたのは、流石です!

一度も私の講座を受講されなくても
DVD教材だけでも
あなたのように何度も何度も繰り返しご覧になられて
ちゃんと、ご自身の地肉にされ

私のブログやメルマガに書いてことや紹介した書籍なども
ご自身でできる範囲でお読みになられ
研究されていらっしゃるから
これほどまでに教材を活かせたのだと思います。

「正体術指導者養成講座」は、
はじめのうちは、「高橋正体術処方解説」が、
理解する力がないために退屈で眠くて
しょうがないみたいですけど

そんなことを気にしないで
何度も最初から最後まで繰り返しご覧いただくことで
なぜだかこれが、正体術的な脳に変わっていき
正体術的な診方になっていくから不思議ですよね。(笑)

かつて、「高橋正体術処方解説」を11分割で販売した際、
約1割の方が4回あたりで脱落してしまいました。

今回の12分割では、神崎正体術と修正体操講座もありますし
ぜひ、脱落されることなく皆さんヤリ遂げて欲しいと思っています。

追伸:ヘルニアの手術後も、また、腰痛を訴える方が多いものです。
その時は、また、あなたを頼っていらっしゃるでしょうから
できれば、完治させてあげられると良いですね。

ーーーーーーーーーーーーーーー
・「1分間整体」
http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=JzQEfH

・「正体術倶楽部・手技編」
http://www.seitaijutsu.net/index.php?%3Asyugihen-sales

・「調息手技基幹の型&応用編」
http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=Ez4bLM
プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。