FC2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

黒船

一般向け講座「民主手技」と療術道場

昨日は、正体術と手技と温熱を12日でお伝えする
連続講座「東京療術道場」でした。

3月20日に「調息手技療法・アドバンス」の
リアルな講座の受講は全員不要とのことでした。

すでに学んだことを応用するだけで十分だし
診方や考え方、応用の仕方が分かれば
あとは映像教材を手にすれば事足りる!とのこと。

さすがです!

私も同感です!

実際に「アドバンス」の中で紹介する予定の膝の修正法を
いくつか紹介した後、「高橋正体術処方解説」の中で

「この座り方の方のだと
先ほどの膝の手法がそのまま使えますから
この正体術矯正法を使ってもイイですし

この体操ができない人には
先ほどの手法を使うことでもイイわけです」と
説明すると目を輝かせていました。(笑)

体操は自ら筋骨格を使いますから
その効果の保ちが良いのですが

如何せん、体操ができない人や
体操が苦手な人の効果は、
その分だけ減ってしまいます。

そんな時は、手技をオマケすることも必要になってきますし
すでに長期にわたる症状の場合には
温熱による前処理も必要になってくるでしょうから

この正体術、手技、温熱の3手法の組み合わによって
効果的に施術していただけたらと言うことでの
「療術における3本の矢」を提唱しているわけです。

かつて、1年前に東京で
一般の方々を対象にした全10回の連続講座
「民主手技」において紹介した際に

紹介いたしました手法も
一般向けハウツーものの「正体術倶楽部初級・中級編」
「調息手技療法」
「アイロン温法」の3手法でした。

この3手法を学べばヘタなプロを
凌駕してしまうかもしれないほどの
内容でした。

最後まで残ってくださった受講者の方は
最初の半分の4人でした。

1回の参加費は3000円でしたが
なかなか月に1回土曜に2時間半くらいの時間と費用を
こうしたことに費やすことは
熱意を必要とすることです。

しかし、現在でも
私のプロ向けの講座を受講くださる方
教材をご購入くださる方の
約10数パーセントの方は

信じられないかもしれませんが
プロの治療家ではなく
一般の方なのです。

中には、プロの方でもなかなか手にできない程
高額の教材をもご購入いただく方もいらっしゃいます。

一般の方々が手の届く価格の教材さえあれば
「民主手技」がご自宅にいながら受講できる上、

何度も復習されて
自己療法と家庭療法として
ご活用いただけるのでは?

そう思うと
すでに販売を中止いたしましたハウツーもの
「一般向け正体術倶楽部初級・中級編」

「調息手技療法・基幹の型0」
ですが

あまり在庫がないのですが
販売をしようかと思います。

A、「一般向け正体術倶楽部初級・中級編」
7500円(DVD2枚、テキスト2冊)

B、「調息手技療法・基幹の型0」
8800円(DVD1枚、テキスト1冊)

C、AとBのセット
合計16300円
Cを購入者の方には「アイロンを使った温熱療法」のレジュメ(PDF形式)を
進呈いたします。

これで正体術と手技と温法の3手法を手にされて
自己療法と家庭療法として
ご活用いただけますと
たいへん嬉しいです。

販売ページは近日中につくりますが、
それまで待てない方は
下記を明記の上、
kanza9@seitaijutsu.xsrv.jp
までメールでお申し込みください。

1、ご氏名
2、ご住所
3、電話番号
4、メールアドレス

5、購入をご希望の教材名
A、「一般向け正体術倶楽部初級・中級編」
B、「基幹の型0」
C、「初級・中級編」と「基幹の型0」のセット

「自らの健康は自らの力で」と言う
自立された一般の方に
ぜひ手にして欲しい教材です。
スポンサーサイト

黒船

私は、30%のことしか教えない。

私は、30%のことしか教えない。

だいたい、療術を学びたい人は、
どんな症状の時にはどういった手法を使ったら良いかすべてを知りたいと思っておられるようで
できるだけ多くの症状、できるだけそれを細分化した物を習得したいと思っておられるようです。

しかしながら、せっかく学んでそのとおりに使ってもなかなか効果が出せなくて撃沈させられ
自分の不甲斐無さいを思い知るのですが、
そこで考えて考えて考え抜いて
仮説を立てて検証していけば良いものをそこまでする人はあまりいません。

かつて、あの「新正体法」の創始者 宮本紘吉先生のご遺族から伺いました話ですが、
あの天才的な療術家・宮本先生でさえ、その場でうまくいかないことがあった時には
診療室の上階にあるダイニング・キッチンの椅子に腰かけられずっと考えておられたそうです。

その時に上手くいかなくても、すぐに答えが浮かんでこなくても
あなたの脳は、その問題の答えを出すことをあきらめない限りずっと考えています。

ある時は、何の関連性もないデパートでの買い物の際に見つけた商品なのか
あるいは、偶然立ち寄った書店で何げなく手に取った陶芸の本からか
街で行き交う人の会話の中からかはわかりませんが、思いもかけない事象から
解決の糸口が開かれるかもしれません。

これを「辻問(つじとい)」と呼び
散歩しながら、脳が解決のヒントを探すことを
意識的に行う方法も昔の人は行っていました。

情報のあふれた時代にあっても
それを整理したり使う脳が原始人の脳と変わりないのですから
どう粋がってやれDVDだのネットで検索だの言ったって
時代遅れの分野である療術の世界で果たしてどの程度役に立てられるのか。

それは、やっぱりそれを使用する人の脳の問題だと思うのです。

かつて、日本のボクシング界で最もチャンピオンを育てた
エディ・タウンゼント氏の言葉です。

「100%教えないんですよ。70%。
残り30%、選手、自分の頭使わなかったらいいボクサーになれない。」

私にとっても受講される方々にとっても時間は貴重です。
ボクサーと寝食を共にしたエディさんが70%を教えたのなら
私と受講者には、頭の使い方と体の使い方だけしか教える時間がないです。

自分の頭と体を使うことができたならイイ療術家になれそうに思うのですが、
あなたはどう思いますか?

私は、こう思うのです。

チャンピオンが、スゴイわけじゃあない!
最初は、本人でさえチャンピオンになれると信じてもいなかった若造を
信じ込ませ、減量させて、練習させて、禁欲させて、勝たせるために
努力を継続させるトレーナーがスゴイと

だから、エディさんのこの言葉には
チャンプの言葉以上に聞く価値があると思うのです。

黒船

ヤク中を救え!

ヤク中を救え!

あなたが、もし、誰かに飲み物や食べ物の中に睡眠薬やヤバい薬を密かに仕込まれて
知らずに口にしたとしましょう。

薬が効いてきた際、我慢できますか?
意志の力で睡魔や幻覚を少なくしたり失くしたりできますか?

できませんよね?

これって何も睡眠薬やヤバい薬の類でなくても
下剤だって無理ですよね?(笑)

私たちは意志の力でコントロールできていると信じていますが
実は、その意思の力なんてあまり役にたっていない気がしてきませんか?

「分かっちゃいるけど止められない!」
クレイジーキャッツと言うコメディーバンドの植木等さんがこう歌っていたのを
ご存じでしょうか?(古すぎますけど)

この歌のように
私たちは、自分自身の意志の力では
あまりコントロールできていないことを
薄々気づいていますよね?(笑)

腰の反りを失くしてヘッピリ腰の老人のような体形の方にいくら
「やる気を出せ!」と言ったって・・・
そんなのって無理です。

右肩が上がりっていくらでも美味しく食べられるような人に
もう少しは、制限したらと言ってもなかなか難しいでしょう。

骨盤が開きっぱなしの人が食事制限と運動で痩せるのって
並み大抵のことではないです。

だからと言って右肩が下がると
逆に食事が進まなくなり積極的でなくなったり
肝臓や胆のうに負担をかけやすくなりますし

骨盤が締まり過ぎると
これまたウエットスーツや補正下着を常時着ているようなもの
ですから当然、体に無理が来ます。

私たちの体(からだ)は、まさに心を入れる殻だ(からだ)と言えます。

大正時代にできた高橋迪雄師の正体術はこうした体の歪みの特徴と
そこにかかりやすい疾患、性格に趨勢を発見したことで
体の大きな歪みを解消することで心身ともに健康が得られ
社会的にも健康でいられるよう運動系からアプローチしていったのでした。

この思想は、その後、整体協会創始者の野口晴哉師にも大きな影響を与えました。

今では、「セイタイ」と言うと腰痛や肩こり膝の痛みなど
整形外科領域の痛みの軽減や消失を目的のように
施術を受ける側も施術する側もなってしまっています。

しかし、本当のセイタイとは、私たち、ヤク中を(?)体の歪みからアプローチすることで
自分自身の意志の支配下にして自由を手にするための手段だったのです。

次回は、なんと「デブを救え!」です。

黒船

「業界の破壊者」になる人、この指とまれ!

デコンストラクション

つい先日、久々に自宅のある岡山市にあります日本三大奇祭「はだか祭」で有名な西大寺(さいだいじ)観音院に自家用車で一人ふらりと出かけてみました。

その観音院には、西大寺地区の公民館が隣接しているのですが、中に入ってみると図書室は閉鎖されており喫茶店も無くなっていました。

岡山市の公民館・公会堂のいくつかは、閉鎖されると言う内容のチラシが待合には置かれていました。

10数年前、この公民館と西大寺観音院の間に位置する遊具を備えた広場に幼かった子供たちをよく連れてきて遊んだものです。

今から40数年前、私が、幼いころは、まだ門前町だった西大寺商店街も今では店舗のほとんどは店を閉めて久しい。

きっと全国の多くの商店街は似た状況ではないでしょうか。

世の中の変化は、子供たちが大人になるような喜ばしいこともあれば、多くの血や涙を流す変化も多いものです。

かつて年商100億円あった百科事典ブリタニカは、マイクロソフトの販売したCD-ROMによって一気に年商を5億円にまで下げてしまいました。
きっと、その時に多くの流血があったことでしょう。

しかし、その後、ご存じの「ウィキペディア」によって百科事典によって得られるような情報は無料になってしまいました。

すでにマイクロソフトのCD-ROMは、販売されていません。(爆)

こうしたことをデコンストラクションと呼ぶそうですが、こうした時代の変化に右往左往されるよりいっそのこと業界の破壊者に自らなり、デコンストラクションを起こせたらと思います。

一人一流派なんて心の中に一人一人が持てば良いスローガンで
より良い道だと思えば人差し指を高く挙げて
「この指とまれ」と言わなきゃあなるまい。

指導者養成講座までの受講者のうち
希望者には再受講によってさらにスキルアップしてもらい
講師としてもっと広めていかなくては、・・・

来年は、コースを企画して、それに希望者には講師養成として再受講してもらえたらと思います。

「業界の破壊者」になる人、この指とまれ!

黒船

DVD調息手技療法・基幹の型のご感想をいただきました。

DVD調息手技療法・基幹の型のご感想をいただきました。

べじーた様より、うれしい感想をいただきました。
――――――――――――――――――――――
先日、ばね指の方に調息手技の施術をしました。
基幹の型を一通り施術した後で、上腕動作法を手首ではなく、ばね指になっている指の先端を軽く指を挟んで牽引しながら回転させてみました。何度か続けてみると完全ではないですがスムーズに指がもどるようになり、喜んでいただきました。
あらためてこの手技のすばらしさを感じました。応用編楽しみにしています。

べじーた
――――――――――――――――――――――――――
この度は、調息手技療法についてのご感想をいただき
誠にありがとうございます。

ぜひ、ブログ・HPで紹介させていただけますと有りがたいです。

応用編は、どうやら「基幹の型」のDVDで多くの方々が挫けたみたいで
基幹の型の購入者の数分の1しかご購入いただいていません。(爆)

やっぱり、基幹の型は難しいですからね。
ぶっちゃけ、応用編の方が簡単なんですけどね。

しかし、体の使い方などは型で習得するのが
習得しやすいと私も思うんですけどね。

応用編を練習することで基幹の型も次第に上達していくんですけどね。

ホント、療術の底上げってなかなか難しいことだなあと今、つくづく感じています。

もちろん、諦めませんけどね(笑)

こうしたご感想をいただくことが、
ホントに励みになります。

ありがとうございます。

黒船
神崎 崇嘉
―――――――――――――――――――――――――
ご返事ありがとうございます

 私など基幹の型の「型」が出来てるはずもないのですが、試さずにはいられないのです(笑)
 白帯もいいとこです。しかしこの手技は白帯クラスの実力で他の手技の黒帯並みの結果が出せるところが驚きです。
  
 では応用編のDVD楽しみにしています

 べじーた
――――――――――――――――――――――――――
プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ