fc2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

教材

私の前では、大事なところは隠しておきましょう

よく手技療法家の先生の中には、合気道とか中国拳法と言った
力によらない武術を修練されることで体の運用を会得され、
その技術を手技に活かされることで

誰にも到達できないくらいの高い技量となられた
すばらしい方がいらっしゃいます。

私はと言うと
努めてそうした武道や武術を習わないようにしています。

なぜなら、そうした武術・武道で身につけた「身体言語」を
その武道や武術を修練されていない方々に伝えることは
非常に困難なわけです。

「療術・手技療法を学ぶために武道や武術を学ぶ」
その時間と費用とエネルギーをもったいないと
私は思います。

ですので、もし、武道や武術の身体言語をとおして
手技療法を伝える先生から技術を学ぶ際には
その身体言語の元となっていることを
武道や武術以外の言語に置き換えていく作業が必要になります。

私もかつて、若いころに武道を何年か稽古したことがありますが、
もう、いまさら、そんなことをしたくもないですし

普通の体の人が、療術や手技療法の修練をとおして
「はだしの医師」としてやっていくには十分なレベルになれると
私は思っています。

その証拠が、快療法です。

その快療法をモデリングして
療術版のしたのが、当会で紹介しています
「正体術」「手技」「温熱」の3手法です。

私は、気の流れやオーラやチャクラが見えたり、
体内の様子が透視して見えたりなんてしません。

ごく普通の人です(笑)

そんなものを見たいとも思ってもいません。

正直、服が透けて見えたらいいのにな~とは
少年の頃は思っていましたけど(爆)

長年の修練で高いレベルになってしまうと
もう、かつての低レベルの頃、ヘタだった頃の自分には
もう戻ることはできません。

こうして、大先生だけができて弟子の誰もできない技術が出来上がります(苦笑)

昔のころの自分に戻ることができない先生には
弟子たちが、なぜできないのか?が、すでに分からないのです。

でも、そんな大先生にならなくったていいです。
だって、3種目平均70点あれば
たとえ相手が、100点満点の大天才の手技療法家であっても
総合点で210点のあなたから見れば半分以下の力しかないのですからね。

大丈夫です!

かつて、寺子屋では、
「飲む・打つ・買う」
じゃなかった!(笑)

「読み・書き・そろばん」を教えるだけでした。

それだけで十分なんです。

で、今回のメルマガの内容も完全にミスっていて
名人級の技を紹介している「調息手技・アドバンス」ですが、

これを見ることで知ってしまうと
修練して身につけると

もう、かつてのあなたに
戻ることができなくなってしまう内容です。

その覚悟のある方だけに手にしてほしいです。

ほとんどの人は、変化することを恐れています。
でも、現状よりも少しでも良いに向かっていくために
人は、学ぼうとしています。

多くの人は学ぶことが、好きです。

潜在的には、より良い変化を求めているわけなんですよね・・・

購入要件を満たされた方々のほとんどにご予約をいただき
たいへんうれしく思っています。

ありがとうございます。

また、購入要件を満たされるために
基本3教材をご購入いただきました方々には
感謝いたしております。

どうか、この教材を年内に稽古されて
来年から一気に進化されたあなたになって
患者さん方を驚かせてください!

予知能力のない私でさえ
あなたのその誇らしげな姿が見えてくるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
動診によるオーダーメイドの体操設計ができる
「1分間整体」

⇒ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=JzQEfH

柔整師の先生方の間で日常の施術にはこれで事足りると言う
「正体術俱楽部・手技編」

⇒ http://www.seitaijutsu.net/index.php?go=FEGBYF

プロでなくても一般の方でも効果が出せてしまえる
「調息手技療法・基幹の型&応用編」

⇒ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=Ez4bLM

教材

アイスラッガー予約します

こんばんは、最近、決算の作業がイヤでブログを書くようになった神崎です(苦笑)

アドバンスの先行予約ありがとうございます。

あれから、老若男女の別なく
全員の方からホントに「飛び道具予約します!」と言うお申し込みのメールをいただいております(笑)

めっちゃ、うれしいです!!

一応、ビジネスなので返信メールには、「アドバンスのお申込みありがとうございました」と
書きましたけど・・・

内心は、何かギャグを返信メールに書きたい気持ちでいっぱいでした!

いただきましたメールの中に

今回、調息手技・アドバンスのモデルになってくれました
柔道整復師の専門学校生のKDさんからメールがありました。

――――――――――――――――

神崎先生

こんばんわ。O(地名)のKD(仮名)です。

アドバンスの撮影会 お疲れ様です。

撮影日は とても とてもためになるお話ありがとございます。

お礼や挨拶が遅れてすいません。


今回はあの撮影時に神崎先生にしてもらった

●を××し、■を▲▲する手技なんですが

本当にすごいですね。
あれから毎日1回は患者さんに試しています。

うまくいくときといかないときはあるんですが
あの技、1つ繰り返すことでたくさんのことを学ばさせてもらってる気がします。

触り方、○○と手の使い方、置き方、、、


患者さんもすごくびっくりされてます。

□□の問題は結構解決できてしまうのではないかと思うくらいです。

とても貴重な体験をさせてもらいました。

ありがとうございます。


KD

―――――――――――――――――――――
KDさま

こんばんは神崎です。

また、すばらしくいいタイミングでメールをくださいましたね~♪

ありがとうございます。

あの教材の中で最もシンプルでありながら
最も難しく、
最も効果的な技ですけど

ちょっとした1回の私からのアドバイスだけで
練習をはじめられ、
こうして効果を出しはじめておられることを
たいへんうれしく思います。

最初は、むずかしいと感じたことでも
練習していくと次第にできるようになってきます。

信じられないかもしれませんが、
私もあなたも
はじめは、立つことも歩くこともできなかったのが
今では、こうして立って歩いて走っているわけですからね(笑)

人は何度ころんでもあきらめないで
立ちあがって
つかまり立ちして
歩きはじめます。

きっと、
まだ知らない世界が広がっていることを本能的に感じていて
好奇心満載で、
よろこんで
立ち上がり

歩き

走って

跳んで

と進歩していきます。

でも、なぜ、大人になると正反対に未知のものを恐れ
好奇心を無くして進歩することに抵抗するのでしょう?

たとえ、身体的な問題で立てない子であっても

ハイハイしてでも、
キャッキャと奇声し発し
ヨダレをたらしながら
未知の世界をみたいと進んでいくのにね(笑)

神崎 崇嘉

▲人コースを超える手技療法教材「調息手技・アドバンス」の予約は
下記の基本3教材をご購入の上
「ご氏名」と
「アイスラッガー予約します」
とお書きの上
私までメールをください。

アイスラッガー
⇒ http://www.youtube.com/watch?v=C8DpqaxHVAI

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
動診によるオーダーメイドの体操設計ができる
「1分間整体」

⇒ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=JzQEfH

柔整師の先生方の間で日常の施術にはこれで事足りると言う
「正体術俱楽部・手技編」

⇒ http://www.seitaijutsu.net/index.php?go=FEGBYF

プロでなくても一般の方でも効果が出せてしまえる
「調息手技療法・基幹の型&応用編」

⇒ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=Ez4bLM

教材

レーザー銃の予約受付中

例の「飛び道具」、
「調息手技・アドバンス」のご予約ありがとうございます。

早速、「レーザー銃希望」とのメールをいただきまして
この販売者にしてこの購入者!
このノリが、とてもうれしいです♪

きっと、この「アドバンス」の「力」を知ったなら
「飛び道具」と言う表現もご納得いただけることでしょう。

ただ、こうしたアドバンスの前に基本3教材の「正体術俱楽部・手技編」を
ご購入いただき、すばらしい結果を出された方から、報告をいただきましたので
ここに紹介させていただきます。

――――――――――――――――――――――
先日 正体術手技を購入したKG(仮名)と申します。

今日 認知症の方で 腰痛を訴えられた患者さんに
前後揺らしを行ったところ 腰痛がなくなったと 驚かれました。

認知症があり 意思の疎通が少し難しい方の感想なので 嘘がないと思います。
本人以上に私も驚きました。
素晴らしい手技を ありがとうございます。(KG)

―――――――――――――――――――――――
そして、今日、理学療法師さんから
DVD教材「正体術俱楽部・手技編」の購入について
悩んでおられると言うメールをいただきました。

いままで、骨盤矯正や股関節矯正について
自己投資をされてこられましたが、
どれも効果がいまひとつで・・・

「手技編」に期待したいですが、また効果のないものだとその自己投資が
ムダになりはしないかと怖いとのこと。

矯正方法は難しいでしょうか?
矯正力はありますか?

回答をよろしくお願いします。とのことでしたが、
上記の教材購入者さまからいただきましたご感想で何かイメージが伝わればイイのですが・・・

でも、いつも誰にでも有効だなんて言う気はさらさらありませんが、
この前後ゆらしの手技の特徴は、
年配の方から小児まで、
そして身体障害者の方々でも使用に耐えられる手技の1つとして紹介しているものです。

この教材への投資、リスクをとらなければ
一歩も前には進まないでしょう。
リスクをとった者だけが味わえる成功と言う甘味です。

とは言うものの(爆)
まずは、これでお試し「前後ゆらしお試し版」
⇒ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=0kY8XM

そして本番は、
柔整師の先生方の間で、日常の施術にはこれで事足りると言う
「正体術俱楽部・手技編」
⇒ http://www.seitaijutsu.net/index.php?go=FEGBYF

※手技道場生に言わせると、手技療法は、この「手技編」で十分だとか(苦笑)

今、飛び道具の「アドバンス」をプッシュしているところなのに~
水を差すなよな~(爆)

動診によるオーダーメイドの体操設計ができる
「1分間整体」
⇒ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=JzQEfH

プロでなくても一般の方でも効果が出せてしまえる
「調息手技療法・基幹の型&応用編」
⇒ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=Ez4bLM

一応、「手技編」では単なる手技と言うだけでなく
カラダの大きなゆがみにはパターンがあり
その大ざっぱな診方と修正法、ゆがみへのアプローチする順番など
療術のセオリーを説明しながら手技を修得していただくようになっています。

もしかすると、この手技編によって
いままで学ばれた手技を活かすことができるようになるかもしれません。

今まで学ばれたことが効果が少ないのではなく
活かしきれていなかったかもしれないのです。

どうか、いままでの視点ではない新たな視点と理論の深堀によって
あなたが、進化されることを私は願っています。

その結果で患者さんが少しでも楽になれば・・・と願っています。

ゴメン!
今日は3記事も書いてしまった~(笑)

また、しばらく休みますから
どうぞご安心ください(爆)

教材

バカじゃないのと言われました~

前回のメルマガとブログで
「後ろにいらないモノが写ってるぞ!」と題して

次にリリースする高度な技ばかりを集めた教材
「調息手技療法・アドバンス」の写真撮影の際、
ほとんどの写真の背景にいらないモノが写っていたことを
書きましたところ、

何が写っていたんですか?と言う質問をいただきましたので
ココでお答えします。

それは、・・・・

なんと、・・・・

もう少し引っ張ろうかな(笑)

もう、この辺でイイか(爆)

実は、カンペ(カンニングペーパー)が写っていたのです。

せっかく写真に入らないように手にも持たず
できるだけ、写らないように離して置いていたのにもかかわらず・・・

このカンペが写ることで
この手法のほとんどが、百数十万円以上の●人コースを卒業された方々が
卒業後に受講する高度な手法であることがバレてしまうため

写るとマズいですし、
テキストやHPなどに使用するには、
あまりにカッコ悪いと思ったので

背景に余計なものが写ってないものを
選ぼうとしたら・・・

全然、その条件を満たす写真がなかったと言う
まさに願望実現を象徴する出来事だったわけです(苦笑)

何しろ、最初から私自身、テキストをつくりたくなかったわけですからね(爆)

しょうがないっちゃあ、しょうがないですけど、
写真撮影に費やした私とモデルと撮影者の時間とエネルギーを
無駄にしたことが悔やまれます。

このどうしようもないウンコ写真は
実際にセミナーに参加された方が
メモを取っていかれる際に役立つような
セミナー用テキストとすることにいたします。

DVD教材「調息手技・アドバンス」には、テキストはつきませんので
何度も映像をご覧になられて
技を練習される際、

技を受けてもらう方に痛くないか?
どうやったら、さらに良い感じになりそうか?
操作後に改善されたかどうか?
実際にご確認ください。

そうすることで
この教材を活かすことができると思います。

この教材ですが、
いままでに基幹の型や応用編がちゃんと身についているかどうか?の確認する意味でも有効です。
この基本の教材で無理のない施術姿勢を探す習性が身についていたなら
アドバンスを行う際にも、あなたの体はできるだけ楽な姿勢で施術をしようとすることでしょう。

別に私のとおりに行う必要はないのですが、
高度な技になると、施術する際の姿勢が悪いと
指先に力が入ってしまうので

緊張をゆるめるべき施術をしていながら
緊張させてしまうと言う皮肉な結果を生んでしまいます。

ですから、もし、あなたが、この「アドバンス」は自分にとって
まだまだ、役にたてられない教材では?とお思いでしたら
間違いなく、そうだと思います。

でも、いつまでが役だてられない教材で
いつから役立つ教材になるかは、あなたしか知らないですし
それは、ある日突然、やってきます。

しかも、Aの技はできても
Bの技は、まだできない、なんて言うのが普通なわけです。

この「アドバンス」に収められた手法はどれも
飛び道具なみの強力な手法ばかり
将棋のコマで言うと「飛車」「角」なみのスゴ技ばかりですから

前回の東京の「手技道場」の受講生の方から
先行予約者に販売する予定の価格を申し上げたところ

「そんな200万円以上を支払った人でないと知らないような技を
たった、そんな価格で?!」

・・・・・シラ~(受講者)

「バカじゃないの?」(受講者の心の声)・・・(マル聞こえ)

だって、
FAXDMを打つと100数十件の
「FAX不要!」
「迷惑!2度と送るな!」
「興味なし!」
とか返信が返ってくる中、

教材の申込みのFAXが送られて来て、
記載内容について問い合わせの電話をかけると

丁寧に対応してくださった上に、
「教材を楽しみにしています♪」と言う言葉をいただき

中には、ネットで私のことを検索された上、
すべての教材を購入してくださり、
セミナーに参加してくださった上に

次の療術道場はいつからですか?と質問までいただけるなんて・・・

知らないうちに一目ぼれされ、いきなり

「結婚してくださいっ!」って言われたくらいうれしくて・・・(笑)

と言うと

・・・・・・・・(受講者・苦笑い)

「(バカじゃないの・・・このおっさん)」(受講者の心の声)

と言うことで
先行予約はした方が絶対にイイでしょうね

あとで購入される方は、先行予約の価格を知らないまま
これから先、ずっと、「あの先行予約っていくらだったんだろう?」と
想像しながら生きていくことに・・・(爆)

そろそろ、最初の編集があがってくるころなので
まだ、「飛び道具」の申込みがまだの方は早めに
基本3教材をご購入の上、私に

「ご氏名」と
「飛び道具予約します」
とお書きになって
お申込みください。

申込みをされたからと言っても
先行予約の特別価格の販売ページをご案内するだけですので

もし、「高い」と思われましたら
別に無理なさらなくてもイイですからね。

で、特別価格で購入された方は
後に届く、販売価格を案内されたメールで
ご自身がいかに良い決断をされ、
行動されたことをほめてあげて
ぜひ、拍手してあげてください。
(パチパチパチパチ)

基本3教材は下記からどうぞ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
動診によるオーダーメイドの体操設計ができる
「1分間整体」

⇒ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=JzQEfH

柔整師の先生方の間で日常の施術にはこれで事足りると言う
「正体術俱楽部・手技編」

⇒ http://www.seitaijutsu.net/index.php?go=FEGBYF

プロでなくても一般の方でも効果が出せてしまえる
「調息手技療法・基幹の型&応用編」

⇒ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=Ez4bLM

教材

何でも受講者さんにお願いしてま~す♪

今日は、あまりの寒さにピーコートを出して着てしまいました。

冬みたいですね。

さ・む・い~~~、って、まだダジャレは書いてませんけど(笑)

先日の新教材の撮影では、なんと撮影の際に必要な部材を

かつて当会のセミナーを受講いただきました柔整師のO先生にお願いして

会場まで運んでいただいたのですが、

実は、この部材、

O先生もお持ちでなかったため

O先生のご友人の柔整師T先生からお借りしたもの。

で、このT先生もまた、
かつて4年くらい前に当会の講座を受講いただいた方でして
こうした方々のおかげで
今回の教材も無事に撮影を終えることができました。

本当にありがとうございます。

で、O先生に
今回、撮影しました「調息手技療法・アドバンス」に
収録いたしました手法を2つ、
実際に私の手技で受けていただきました。

後でO先生から
その感想をいただきましたので
ここに一部、紹介させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

今日はお疲れ様でした そして●●?有難うございました。

今までN整体でも●を●●つつ、
その遠隔にある●●を●●するという技術は習った事あるような記憶があるのですが
今日ほど強く感じたのは初めてで凄く勉強になりました。

ありがとうございます。

多分●●以外に
ツクリ、型、機、度、間の様なものが存在し、
すぐに真似出来るものではなさそうですが、いい体験させて頂きました。

アドバンス楽しみにしております。

宜しくお願いします。



ーーーーーーーーーーーーーーー
そして、今回の撮影でモデルになっていただきました
かつて当会の講座を受講いただきました方の感想も

下記のとおり、

ーーーーーーーーーーーーーーー

神崎先生

今日は、お疲れさまでした

(略)


今日、神崎先生の手技を受けて

改めて、施術する側の体の位置、そして触れる強さ、

●●や●●の力加減を確認できて、すごく勉強になりました


(略)



ーーーーーーーーーーーーーーーーー
実は、当初、100を超える手法を紹介しようかと
思ったのですが、中には、本来、目的の部位ではないところが原因の手法もあり
それが、場合によって真逆のことが多い手法もあって
それらを全部除いて、高度な手法であっても効果の高い手法を紹介することにしました。

ですので
100種類には満たない数です。

ただ、手法の解説が、この系譜のやり方でなく
私の「正体術」のやり方であったりしますので

基本3教材が元になっていますので
このアドバンスを学ぶことで
基本3教材の理解が深まるかもしれません。

あるいは、基本3教材以上の高度な教材を
ご購入いただいている方々にとっても

この教材はきっとガイド役となってくれることでしょう。

11月中ごろに最初の編集を終える予定ですので
それまでは、予約を受け付けています。

予約をいただきました方には
特別価格でご案内させていただきますので

その価格でご納得がいただけましたらご購入ください。

たぶん、購入された方が
頭をブン殴られたくらいの衝撃を受けられることでしょう。

かつて、私に「怒りの鉄拳を受けてみよ!」と言うメールをくださった方も

これくらいインパクトのある物を手にされることをオススメいたします(笑)

「怒りの鉄拳」はもうイイですから(苦笑)
基本3教材を購入済の方は、
私に「アドバンス予約します」のメールをください!(笑)

あの時、勢いで「アドバンス」を制作しないで
今、制作して本当に良かったです♪

「公開したことを後悔するくらい」そんなスッゴイ内容の教材です!

あなたは、これを予約しなかったら、きっと後悔しますよ(ホントに)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
動診によるオーダーメイドの体操設計ができる
「1分間整体」

⇒ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=JzQEfH

柔整師の先生方の間で日常の施術にはこれで事足りると言う
「正体術俱楽部・手技編」

⇒ http://www.seitaijutsu.net/index.php?go=FEGBYF

プロでなくても一般の方でも効果が出せてしまえる
「調息手技療法・基幹の型&応用編」

⇒ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?go=Ez4bLM
プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ