FC2ブログ

足、膝、股関節、骨盤、腰、胸、首、顎関節まで同時に矯正できる整体のルーツ!自分で歪みを調べ矯正体操を設計し、その姿勢で寝たまま足か膝を浮かせてトンと床に落とすだけ!5分で行うその時のゆがみに合ったオーダーメイドの自己矯正法。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新のセミナー情報

五感によるフィードバック

こんばんは正体術倶楽部の神崎です。

「私、こう見えて、けっこうマッサージ、上手いんですよ~」
って言う人、いますよね?

こう言う人って、けっこうな割合でいます。

かつて、鍼灸の専門学校に通っていた頃、
中国針を専門に臨床だけを教えてくださった
講師の鍼灸師の先生の話では
6、7人に1人の割合だとか。

ただ、たった1人の方の感じるところだと
そのデータ自体が特別な母集団なので
話を半分としても13、14人に1人の割合でいることになります。

幼い頃に母親の肩を揉まされ、
「そこをもう少し外」とか
「そこそこ」とか
「そこ、もう少し強く」とか
言われながら、英才教育を受けたマッサージの天才たちです!(笑)

幼いながらも
その部位がどう言う状態なのか
どのあたりなのか、どれくらいの強さでやると
おかあちゃんが喜ぶのか?を
五感によるフィードバックで訓練された。

まさに天才なわけです。

じゃあ、この子供の頃に身につけた肩もみの技術が
はたして、他の手技療法の修得に役立つか?と言うと
まあ、「ない」よりは「あった」方がイイくらいのものでしかないでしょう?

治療家や療術家のあなたは、
だいたい、いつも操者の役しか演じることがないのですよね?

セミナーなどで受講生同志、施術を稽古しあうくらいで
他の治療家や療術家の操法を受けることなんてめったにないですし、

自身の施術が、はたして相手にどういう感じを与えているか?
などと言うフィードバックを受ける機会もないのはもちろん、
自身の施術を自身が受けることなんて
物理的に不可能だと思っていますから
はたして、自分の施術はうまくイケてるのか?

イケてないのか?
なんて知るよしもないのです。

先週末、大阪で開催しました連続講座「療術道場」では
「正体術倶楽部・手技編」をメインに行いました。
http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?KYOZAI#sa6deb1a

まず、私が、参加者全員にその手技を実際に行い、
その後、ペアになって稽古するのですが、
中には、数日前にヒドイ腰痛になった受講生もいたり、
膝の悪い受講生もいたりするので

テキストどおりと言うわけではなく
その受講生に応じた方法に一部変更して行いました。

テキストや映像教材では
「上肢のゆがみ」を修正する操法として紹介している手法を
受け手の体勢などを少しかえることで
腰にまでアプローチするようにしたりするのですが、

その時には、
相手の動きを感じたり
相手に感じを聞きながら
それを施術の動きの大きさなどにフィードバックして行いました。

テキストに書かれた目的ではなくなるために
受講生としては混乱するかもしれない、とは思ったのですが、
決まりきった方法だけでなく
その場で応用技をつくるのをお見せするのも
それなりに意味があると思いまして

けっこう、その場で即興で手法をつくって
紹介していきました。

「なんで今日の映像を撮っておいてくれなかったんですか?!」
と、責められてしまいました~(苦笑)

「自分の施術のフィードバックを自身で受ける方法」
って、あると思いますか?

療術の一人稽古って
整体指導者の「手づくり」としての
合掌行気とか
脊髄行気と言ったものばかりですし

武道でもだいたい、一人稽古の内容は
一人で虚空やサンドバックや巻き藁などを
蹴ったり突いたりがほとんどで

自分の技を自分で受けて
それを五感で感じるなんてものは
見当たりませんよね?

ところが、実は、あるんです!

「大東流合気柔術」に
一人稽古で手首を取るのと
手首を取られた瞬間に合気を入れる
と言うものが。

で、それをヒントに私は、調息手技の重要な要素が
一人で行えると言う「一人稽古」をつくっています。

指の力でなく面によるつかみと
腕による力でなくポジションで牽引を行いながら
その感覚を自身にフィードバックできる
いわば高度な手法を自身に行うため自己療法なのですが、

どうせ、こうした一人稽古の方法なんて
紹介しても、まず、絶対に99パーセント実行しないのが
分かっていますから、いままで一度も伝えたことがありませんでした(笑)

しかし、前回、療術道場生から
こんな声を聞くことができました。

「見ることと受けることとは全然違う!」と

「次回から調息手技が、3回連続で行われるけども
神崎先生の手技を全員が受けさせてもらって
稽古した後、今度は、全員の手技を神崎先生に受けてもらって
フィードバックを受けたい!
ダメ出しされるかもしれませんけど(笑)」

と言ってくださいまして・・・

自身の体を牽引するなんて絶対にできない
と、ほとんどの方は思っていますけど
実は、可能でして、それがつかみや牽引のための
一人稽古にもなっていると言う・・・

ただ、手技療法を私自身が、療術の中では
修得があまりにも難しいので
いままでは、あまり重きを置いていなかったのですが、

今回の大阪療術道場では、「調息手技・完全版」も行う上に、
何だか、周囲から手技療法にもっと重きを置け!
みたいな流れがありまして・・・

しかも、リアルなセミナーならいざ知らず、
文字情報が中心のネットで高度な手技を、
って言うこと自体に

かなり無理があると言う観念が、まだ私の中には
メッチャたくさんあるんですけど(苦笑)

まあ、これもチャレンジですね(笑)
スポンサーサイト

最新のセミナー情報

どれにしようかな?神崎の言うとおり(笑)

昨年末、自分の机の引き出しを整理してたら15年まえの領収証を見つけて驚いた神崎です。

私、基本的に自身が学んだ講座の約10分の1の価格を教材の販売価格に
数分の1のセミナー参加費に価格設定することで

できれば、手技療法1流派にだけの修得にかける時間と費用を
当会で紹介しています
「体操設計」「手技」「物療」の3手法の修得に費やしていただけたらと
思っているのですが・・・

いままで、ずっと36万円から38万円くらいだったと記憶していました
あの「手技編」の根幹となる手技療法。

あれって
月に1回、岡山から東京まで1年間通って修得したのですが、

あのKK療法(仮名)が、

な、な、なんと・・・

15年前で約50万円だったのです~(涙)

いままでずっと価格設定を間違っていたことに気づきまして
販売数に1万円をかけて残念がっている今日このごろです(な~んちゃって)

まあ、今のところ現在の価格で販売を継続するつもりではいますけど
ご購入を予定されておられる方は、お早目に・・・

「正体術倶楽部・手技編」
http://www.seitaijutsu.net/index.php?go=FEGBYF

先日のロイヤルカスタマー対象のセミナーでも
あの「手技編」は、ムダの無い簡潔な1本の教材になっているとの評価をいただきました。

まあ、制作者本人を前にしてけなすわけにもいかないっていうのもありましょうけど(笑)

収録時間が長いと見るのがたいへんなのですけど
あれって、ホントに
エレガントじゃなく、
シンプルで
どこかで見たことあるような手技ばかりで

たった1時間くらいしかないのに

特に柔道整復師の先生方からは、
日々、治療の最も使える手技だと高評価を得ています。

で、6月1日(土)13時から東京(23区内)でセミナーを開催する予定です。

連続でなく単発ですから
たった1日で力をつけるとしたら

「手技編」か
「温熱道場」か
「1分間整体」しかないと思うのですが、

たまに
「1分間整体が、未だに修得できないままです」と言う内容のメールをいただきます。

かつて、「ミヨコ」「ヒヨコ」「5」「6」と言った記号・符号で動診を表現していた頃は
それが理由かと私も思っていたのですが、

実際にそんな頃でも
習った次の日から治療に使用される治療家の先生方は
けっこうな割合でいらっしゃいましたから

きっと、「心のブレーキ」を踏んだままになっている可能性が高いと
私は思っています。

そんな方には、実際に私が、その場でかけるたった一言のアドバイスで
一気にチャレンジする気になれたり

ものごとの考え方や取組からを変えられる可能性もありますから
ぜひ、参加されてみてはいかかでしょうか?

だいたいは、勝手な思い込みや
教材に載ってもいないようなことに関心を持ち過ぎていて
本来の教材の内容に集中できないで
余計なことを考え過ぎている場合が多いものです。

で、6月1日(土)ですけど
「温熱プロ」のご購入者を対象にして
「温熱道場」を13時から18時か19時くらいまで行うか

「正体術倶楽部・手技編」を
13時から18時まで
「手技編」をご購入いただいた方を対象に行うかですけど

どちらを行うにしても
定員は:10名
参加費が

「温熱道場」が、定価で6万円ですが、
まあ、温熱プロをご購入いただいてスグで手持ちが・・・
と言う状況かなあ?と思うと

今回は、52500円ってとこで

「手技編」は、定価5万円ですので
土曜割ってことで
今回は
48500円で参加希望を

5月14日(火)までお聞かせいただきまして
参加希望の多い方にいたしまします。

最新のセミナー情報

「だって涙が出ちゃう」アタックNo1

私は、セミナーに参加された方にも、
やっぱり、このままじゃあ、マズいな~と言う時には
けっこう苦言を呈することがあります。

それで私のことをキライになってメルマガ解除!ってことも
当然あります。

別にそれでイイんです。

商売の鉄則としては、
顧客に考えさせないように習慣づけて
売り手に依存させて
永遠に離れられないくらいに
洗脳するのでしょうが、

私としては、学校のように
入学したらいつかは卒業してもらおうと思っています。

早々と卒業される方もいれば
かなり私のダジャレが気に入ってしまい
セミナーに足を運んでくださる方もいらしゃいます。

「誰もダジャレには期待していませんから~」
と、仰るかたもおられるのですが、
本心ではないと勝手に思っています(爆)

連続講座「療術道場」を卒業された方でも
メルマガを解除された方がいらっしゃるのを
偶然知っても

まあ、そんなもんかなあ~とも思っています。

って言うか、
その方にとって卒業する時期が来たのですから
「ま、いんじゃね?」っと思います。

で、12月9日(日)に開催します連続講座「手技道場」の後は、
忘年会とのことですので

卒業された療術道場生に声をかけてもイイですか?と
手技道場生から聞かれたので

どうせなら、忘年会だけに参加すると言うのも
かわいそうだから、講座の内容を特別メニューにして

「療術道場卒業生」と
「指導者養成講座卒業生」限定のメニューにしました。

そのメニューとは?

秘密です(爆)

その特別メニューを聞いた手技道場生は
「それが最も身につけたいと思った手技道場のメニューなんです!」
とのこと

「そりゃあ、そうでしょう!
今、治療界・療術界では、それこそが唯一生き残る道とまで言われている内容ですから」
と、ベテラン治療家のA先生。

「へ~!そうなんですか~?!」
と私。
(知らないフリはしてますけど、ホントは知ってま~す・爆)

と、言うことで

リアルなセミナーの
「療術道場」
「指導者養成講座」
を卒業された方で

12月9日(日)の「手技道場」の特別メニューを受講されたい方は
私までメールでお問い合わせください。

講座の内容と
受講費用、会場などを
返信いたしますので
お早目に

参加条件に満たない方で
私と最近お会いされた方で
直観でセミナー内容がお分かりの方には
たいへんお気の毒ですが

いきなり、このセミナーに参加されても
たった1日の講座ですから下地がなければ
なかなか、修得できない内容ですので
どうか、ご容赦ください。

ちなみに来年はセミナーをもっとやっていきたいと思っています。

けっこう、1分間整体のセミナーとか
手技編のセミナーや
調息手技・アドバンスまでのセミナーの開催予定の問い合わせのメールをいただくのですが

まだ全然、予定が立っていません。

開催してほしいメニューや
開催希望地がございましたら
メールをいただけますでしょうか?

単発でとか
療術道場・や手技道場みたいな連続講座とか・・・

高度は手法は単発でやっても
絶対に修得するのは無理ですからね(苦笑)

それをどうしてもって言うのなら
やらないこともないですけど・・・

「ブートキャンプ」と名打って
合宿してめっちゃスパルタでやってもイイですけど
その時は、
「絶対に泣かない」と誓約書を書いてもらいますからね(爆)

最新のセミナー情報

サラっとやった後、残ったのをチョコっと、でイイ

11月3日(土・祝)に大阪で
「神崎正体術B操法・フォローアップ講習」と「体液循環アイロン温法」を
午前10~12まで行います。

受講資格は、DVD教材
神崎正体術B操法までの教材をご購入いただいている方です。

せっかく、「高橋正体術処方解説全11巻」「修正体操講座」「神崎正体術B操法」を
ご購入いただいても、
もっと分かりやすく実際に人の体を使って
様々なケースにも対応できるようにしたい方や

今一つ、理解できないで
使用するところまでに至っていない方、

教材は買ったけど
まだ、全然使っていない、と仰る方など

そんな、あなたの壁をブチ破るための講座です。

神崎正体術は、使えるようになれる上に

この正体術が使えない場合と使える場合の鑑別ができるようにもなれます。

さらに、「療術道場」の講師の先生方からも
「神崎正体術B操法の教材購入者様たちなら」
と伝授にOKが出ましたので

「療術道場生」と同じ内容の
「体液循環アイロン温法」を
「神崎正体術B操法」に続けて伝授したします。

午前10から12までのたったの2時間ですが、
ぶちゃけ、この2時間の内容で十分です!

あと、ちょっとだけ手技でもできたら
言うことなしですので
お昼休みの後から
「正体術俱楽部・手技編・セミナーヴァージョン」を単発講座として行います。

この「正体術俱楽部・手技編・セミナーヴァージョン」は、
単にDVD教材「正体術俱楽部・手技編」を
実習するだけではなく
教材を実際に使う場合に出くわす
ケースにどうやって応用していくかと言うことを

例をあげて
実際に教材内容の途中でお伝えして
実際に実習していただきます。

まあ、あなたを含め
ほどんどの方が
「DVDもセミナーも内容は同じだろう?」
とお思いでしょう。

しかし、実際に体験したことと
DVDをご覧になられたのとでは
全く違う内容かもしれません。

なぜなら、DVDだと
あなたの色メガネをとおして解釈してしまう割合が
かなり大きくなってしまうからです。

誰でも、何でもそうなのですけど
DVDだけだと、どうしてもそうなってしまいがちなのを
実際のセミナーで実習をとおして行うことで

自身の体と相手の体をとおして
フィードバックがありますから
たくさんの学びが得られます。

では、実際に今年の1月29日大阪で開催されました
「手技編&アイロン療法1DAYセミナー」に
ご参加いただきましたAT様よりいただきました
ご感想を紹介いたします。

ーーーーーーーーーーーーー
神崎崇嘉 様

一昨日は 「神崎崇嘉 独演会ライブ」 いや違った(^^♪

大阪・手技編&アイロン療法1DAYセミナー  有難うございました。

ひさびさのライブ、とても有意義な いい時間を過させていただきました。

帰りに、皆様と別れた後も 電車の中で一人でニヤニヤした変なオッサンになってたと思います。

DVDでそこそこ分かったつもりになっていましたが

やっぱり ナマの方が数十倍気持ちいい!(笑)

今まで家でA●見ながらマ●ター●ーションしてただけなんだと気付かされました。

やり方や形は知っていても 

アプローチの仕方、最初に触れるタイミングと力の強さ、力の方向、等々、

そこで、もう決まっちゃうんですよねぇ~

あらためて基幹の型の重要性にも気付かされました。

正体術と手技療法と温熱療法の3本の柱が絡み合って大きな1本の柱になっていたことに

やっと気付きました。(まだ気付いただけで、3本の細~い柱が絡みもせず傾いてますが(笑)

正直、セミナーに行くまでは、いままでなかなか手を出せなかった温熱療法が、しかも高価な三井温熱器を購入せずとも

まず単独ではおおぴらに世に出すことが出来ないであろうアイロン療法として学べるなら、

ああまで熱く温熱療法をすすめてくれる神崎先生に乗っかってみるかぁ

手技編はどっちでもいいけど… 程度に考えてました。 スミマセンm(__)m 恥ずかしいです。

いろんな意味で目から鱗がボロボロおちました。

(中略)

とてもいい時間を共有させて頂けたセミナーでした。

ほんとうに ありがとうございました。

AT
ーーーーーーーーーーーーーー
なーっ?

どーです?

よろしゅ、おまっしゃろ~?

「正体術俱楽部手技編・セミナーヴァージョン」
は、午後1から午後6時くらいまでで
参加資格は特にありません。

単発の講座で
参加費は、一般の方が、5万円で
DVD教材「正体術俱楽部手技編」を弊社から購入済の方は4万円、
午前の講座「神崎B操法&アイロン温法」に参加される方は25000円です。
(午前・午後両方のご参加の方は、合計5万円です)

あと、参加者枠が、あと5名様ですので
参加をご希望の方は、今すぐにお申込みください。

午前の講座は、参加資格があり、
午後からの講座には、参加資格はありません。

お申込みの受付は、先着順であと5名様です。

会場が、大阪だから遠いなあと思われる方もいらっしゃると思いますが、
この講座を受講されるためだけに
北海道から大阪まで飛行機でお見えになられる方もいらっしゃいます。

治療界30年の柔整鍼灸師のA先生が仰るのには
「『神崎正体術と体液循環アイロン温法』をサラっと行った後、
残ったのをちょこっと、手技でも何でもいいからやっておけば、
それでイイくらいのもの」
だそうです。

「サラっとやった後、
残ったのをチョコっと」でイイそうですので

もし、あなたが
教材をご購入されて午前の部の
受講資格をお持ちでしたら

北海道からでも沖縄からでも
海外からでもいらして
この講座には参加された方が良いでしょう。

しかし、参加できるのは、あと5名なのですけど。

お申込みは、
mail@kanzaq.info
まで、下記を明記の上、メールでお願いいたします。

1、 11月3日の講座に申込みます。
2、 午前の部か、午後の部、全日(午前&午後)
3、 ご氏名
4、 ご住所(〒も)
5、 電話番号
6、 神崎正体術B操法を購入済、または未購入を明記
7、 正体術俱楽部・手技編をご購入済か未購入かを明記

お申込みを心よりお待ちいたしております。
mail@kanzaq.info
まで、上記を明記の上、メールでお願いいたします。

私のダジャレが生で聞けますよ(笑)

最新のセミナー情報

分派をそそのかす創始者養成講座

7月16日(祝)は、第1期東京手技道場の第1日だったのですが、
すでにお気づきだと思うのですが、第3期東京療術道場の参加者が、
初回参加者が集まらず、第1回の参加者の復習参加の応募だけでしたので

これは、以前からずっと頭の中に描いていた
一派が立ち上げられる内容の「創始者養成講座」を
試してみたいと思っての「手技道場」に切り替えたわけです。

実は、講師養成講座を以前受講してくださいました
整体指導者のKちゃん先生に
手技療法の一派を立ち上げさせようと思って
私が妄想していた企画で(笑)

正体術の左右重心や
四肢のゆがみが体幹をゆがめているので
四肢を操作することで体幹を修正しようとする
思想から生まれた手技療法を3種類
一気にお伝えすることで

その共通する目的と共通する手法を
まとめながらも、矛盾する部分は適当に統合していくと言う作業を
受講者同志が、その元となる正体術を使って検証していくのを
私・神崎があえて口出ししないで見守ると言う時間を持つと言う
かなり高等な講座を思い描いているわけですが、

初日から、ある意味、「基幹の型」にあたる部分の骨組にあたる部分が
出てきました~!(笑)

別に、ホントに一派を立ち上げられるほどの内容が
出てくるか出てこないなんてことはそれほど重要なことではなくて

今までの療術道場10~12日間は、
主に初等・中等教育の12年間にあたるもので
小学校から中学、高校で学んだ
基礎的な知識と先生の言うとおりを記憶するだけと言う
マニュアルどおりに行うハウツーが中心だったわけですが

今回の「手技道場」は、大学のように
大量の知識とともに
「なぜ?」を問う場となり
それを元に新たな手法を受講者が、
自らの頭で創って効果判定などして検証していきます。

学習法も
ペアになった者同志で
相手の施術を受けながら
その施術についてフィードバックを行う
(指導する・教える)ことで学習効果が高められています。

受講者の一人一人が、
過去に学んだ内容に違いがあり
年齢や体格、体癖などの違いがありますから

それぞれ、自分の体や価値観に合った物を創ってくれたらイイわけで
正解なんてものはないわけです。

私は、この講座が始まる前からすでに
この中心的な「型」の名称まで考えていました(笑)

私が考えてそれを使うだけだと
上手くいかなかった際に、こう考えてしまうのです。

「これって神崎の創ったものだから・・・」とか

「○○の手技療法だから・・・」と

自分でその施術を設計し、施術したことに責任を持つことを放棄して

その失敗から得られたことを踏まえると
次にする手段が見えてくるはずなのに
脳が学習することを放棄しているので
見えるべきものが現れてこないのです。

そうさせないためにも
言いたくてもガマンして
受講者の方々の自主性に任せていくつもりです。

たぶん、いままでの療術にはなかった指導の仕方でしょう。

知識だけ・手法だけをいくら数多く学んでも
学習効果が上がらないことは、
今までのほとんどの療術の講座で分かりましたから

これは、もうテクニックの伝授だけでは
いくらやってもダメだなと思って挑戦してみました(爆)

今回、「療術道場」の復習参加費と言うことで
「道場」3分の1の受講費で行うことになりましたが、

たぶん、なかなか開催できない講座となるでしょうから
今回、受講される方々はホント、ラッキーです。

ちなみに、前回(初回)に参加者のお一人が
都合で参加できなかったために
本格的に始まるのは第2日目の9月9日(日)となります。

当会から分派をご希望、または手技療法の一派を立ち上げたい方で
実際に「指導者養成講座」を受講済の方は、
メールでその旨をお伝えください(爆)

「手技道場」の受講要件を満たしていない方は、
とりあえず、
「指導者養成通信講座7月生」を

⇒ http://kanzaq.sakura.ne.jp/index.php?7gatsusei
プロフィール

正体術指導家神崎

Author:正体術指導家神崎
私は高校生時代に大学病院でもお手上げな位ひどい原因不明の頭痛を鍼灸治療と自己療法で完治できた経験から代替療法に興味をもちました。
薬剤師にはなりましたが、一方では療術による施術を行っていく中、せっかく施術を行っても次回お見えになられた際、元の黙阿弥になっていることが多く、こんなことをいくら繰り返していても何の解決にもならない!
そう思い立ち自己療法として幻と言われた整体のルーツである高橋迪雄師の正体術の伝承を集め始めました。
そして、誰もが自分自身で矯正法を設計できるまでに体系づけることができました。
現在、一般向けにも門戸を開いた唯一の実践的正體術を指導する正体術倶楽部主宰。
薬剤師、鍼灸師 正体術指導家   

肩こり
正体術メルマガ配信中
正体術メルマガ 登録フォーム








*は必須入力です





正体術メルマガ解除フォーム



解除メールアドレス*

*は必須項目です。





正体術メルマガ変更フォーム



登録メールアドレス*



新しいメールアドレス*



新しいメールアドレス(確認用)*



*は必須項目です。



ブログ内検索
検索したいキ-ワードを入力して、「検索」をクリックしてね
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご連絡はこちらから
セミナーの申し込み、お問いあわせは、こちらのメールで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。